鉄拳7FR ニーナ対策(二週目)




■有効な行動

◎吹雪で飛び込む
リーチの長い置き技がないため、比較的飛び込みやすい。
中~遠距離でステップしていることも多いため、引っ掛けることができる。

◎牛若で攻める
吹雪と同様の理由で有効。
レッグスイープ、スカルスプリッターとの相性もよい。

◎スカ釘打ち
右アッパーの置きに対してや、下がってスカルスプリッターを避けた後などに活躍。
双掌破、ファールキックへの確定反撃も兼ねて、反応しやすく。

◎無想下がり
近付かないと痛い技がなく、リーチの長い技はいずれも横に弱い。
666WPには無想からの横移動、1RPには下がりが有効。

〇合掌
アパストやクリークアタックをはじめとした連携に割り込み・カウンターをとりやすい。
3F以上不利な状況からだとレッグスイープにカウンターをとられるので、五分付近が打ちどころ。

■微妙な行動

△殴り兜割り
レッグスイープがカウンターヒットしてしまうのが結構マズイ。
ジャブ止めの方がよい。

△禍電菊
立ち途中技の発生が早いため、しゃがんだ後に割り込まれやすい。

△吉光ブレード暴れ
3LPとの相性が思いのほか悪い。シェイクショットは不利すぎて暴れにくい。
2RPのヒット後などはいい状況。

△隼暴れ
大抵はアパストやクリークなどで潰される、叩き落される。
下段の発生が遅いので、跳べるときは跳べる。

×置き露払い
スカルスプリッターに跳ばれてしまう危険性がある。
また、カウンターをとれる技がワンツー派生くらいしかなく、期待薄。
スカ確としてのディバインキャノンもある。

×二択での卍芟
確定反撃が痛い。フラッピングバタフライが確定。
また、立ち途中RKLKを打たれてもカウンターで連続ヒットしてしまう。
野槌踏みの方がよい。

■ポイント対策

・シェイクショットガード後
ほぼ確実にスウェーまたはステップ派生しており、ガードでニーナ側が最速行動時約+10F。
ここからの選択肢としては、以下のような技がある。

(割れない)
  上 ヘルブリンガー(236LP) カウンタ壁、ガード+1
  中 トゥースマ
  中 カタパルトキック(9LK) 壁強
  中 フラッピングバタフライ(立ち途中LPRP) 壁強
  中 アパスト
  投 首刈り投げ(9WP) 壁痛い

(割れなくもない)
  中 鰓斬り(236RP) 壁強
  中 スカルスプリッター(9LP) 浮き
  下 サイドスリップ(236LK)
  下 レッグスイープ(23RK)

ニーナ側が大幅に有利なので、暴れる猶予はほぼない。ブレードでも暴れたくない。
色々と有利フレームが強そうだが、立ちガード時に脅威なのは首刈り投げとレッグスイープのみ。
壁背負い時は壁強技が多いため、首刈り投げの抜けを準備しつつ立ちガード。カタパルトには確定反撃を入れる。
ニーナ側体力不利で、優勢への逆転を狙っている場合はレッグスイープをガードしに行く。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    同じホームで鉄拳している者です!
    最近吉光に興味を持ったのであぽーさんのブログにたどり着きました
    色々と参考になる記事を読ませて頂きました!
    これからの更新楽しみにしています!

  • SECRET: 0
    PASS:
    おお、同じホームの方ですか。
    ありがとうございます!参考になりましたら幸いです。
    なんか、もし聞きたいことあれば、口頭でもお伝えできますので。よろしくです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。