鉄拳7FR 対クロエ ロリポップ・スルーについて




技名だけ見てもなんのこっちゃだが、ダメージないけど背面とられる3WPの投げ。

この投げが通ると背面をとられ、クロエ側が+8Fになる。

この後は立ちかしゃがみの二択。

立ちにはLPRPWPが背面に刺さり、4LP確定まで含めて4割。
しゃがみには3RPや9LKなどの中段浮かしが刺さる。

投げが通った上で二択なのでやや不毛な投げではあるが、
その分二択の期待値はそこそこ。

対応としては、
LPRPWPに対しては振り向きローなどしゃがみからの割り込み。
中段に対しては立ちガードしてから反撃を決める流れとなる。

できればワンツーには1発目を生しゃがみして、2発目に振り向き立ちキックで割り込むのがベスト。
または振り向き技で暴れてワンツーを正面ヒットにし、WP部分をしゃがんで浮かす・・・という強引な手段もあり。

吉光の場合は回避策が色々とありそうだが、さすがに不利すぎてブレードも華輪も機能しない。
唯一面白そうなのはあぐらで、空中判定が6Fであるため中段を空中ヒットにできる。
最速であぐらするとワンツーを背面にくらうので、1Fだけしゃがみ入れてからあぐらすると全対応・・・になりそうだ
けど難しい。やっぱり狙う価値はない。
というわけで吉光も特別な対応はなし。
その他、3RPを立ちガードした場合は距離が近いのでダッシュブレードが確定する。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。