対ファラン シャープクレイモアヒット後

ファランのシャープクレイモア(横移動RK)ヒット後。
ヒットするとしゃがみ状態にされ、ファラン側が右構えで+5F。
右構え3RKやRPRKなどが割れない連携。

さて、この技を被弾した後はどうするか。
被弾したときの距離が非常に重要。理想は「バックダッシュ中に被弾」していること。
遠めの距離でヒットした場合は、最速でバックダッシュするのがほぼ正解。
ファラン側の選択肢として右構え3RK、RK、RP、4RP、LK、ローハイなどが考えられるが、軒並み届かない。
届くのは右構え1LK、カットローくらいか。

逆に、近距離でヒットした場合は各種中段が届きローハイもあるため結構苦しい。
ローハイは一応ジャンステで飛べるフレームではあるが、右構え3RKやRKRKなどが脅威。
トゥースマなどで暴れるのも、同じくリスキーなので避けたほうがよい。
ただ、しゃがパンで暴れるのは悪くはない。(右構え3RKに潰されるが)
右構え3RKは密着でなければバックダッシュでスカせるので、やはりバックダッシュが主体。
たまにしゃがパン暴れ、思い切ったらジャンステ暴れしていく感じで。

吉光の場合は、次のような選択肢も狙い目。

・金打
不利フレームを生かしての金打が割りと面白い。
相手が右構え3RK、RPRKなど最速で行動してきた場合は大抵当て身ができる。
フラミンゴ移行していれば当て身八咫烏がほぼ確定。壁背負い時などは相手も固めてくるので狙い目。

・露払い
しゃがパンの代わりで、露払いを強気で打つのもなくはない。
右構え3RKは痛いが、ローリングライトや、その他上段に対して高くつけることができる。
これを意識させると他の選択肢が生きる。

・隼
無謀なので選択肢としては抑え目。ただ、右構えRKやRPを潜ることができる。中段系を打たれなければ打ち勝てる。
右構え3RKとローリングライトされてた時が危険。

・華輪
ローハイ読みで高くつけるなら、華輪も活用できる。左方向に2回転すれば背面から逢魔外法閃を狙える。
立ちに戻す必要があるので、44から出してもいいし、横移動キャンセルでもOK。横移動からは移動方向に華輪するのが良い。
しかしやっぱりローリングライトが危ない。

・吉光ブレード
研究不足。近距離ならローリングライト以外にはかなり有効な手段となり得るはず。
右構え3RKと相打ちの場合は圧切の拾いが間に合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。