鉄拳7FR 対ジョシー スイッチスタンス対応まとめ

ワンツーハイガード後や3RKガード後のスイッチスタンスに対して。

ジョシー側の派生は次の通りである。

・LP派生 上段 カウンターで浮く 割れない ガードでジョシー-7F
・RP派生 中段 カウンターで浮く 11Fまで割り込み可 ガードでジョシー-6F
・LK派生 下段 カウンターで浮く 10Fまで割り込み可 ヒットでジョシー-2F
・RK派生 中段 ノーマルダウン(壁強) 10Fまで割り込み可(空中) ガードでジョシー-9F
・6入れ ステップ派生 発生の早い技で割り込める(12Fくらい?)

以下、対応策。

■LP読みでしゃがむ
早い展開を作ってLP派生のカウンターを狙ってくる傾向にあるので、しっかりしゃがんで浮かせる準備。
中段はノーマルヒットしても対して痛くない。ただし、壁背負い時はRK派生で壁強があるので控える。

■ワンツー系で割り込む
LP派生以外には打ち勝つことができる。RK派生なら空中ヒットからコンボへ。
しゃがみを見せた布石があり、LP派生は無いと踏んだ場合に。また、壁背負い時はLP派生が少ないため期待値が高い。

■ファジーでしゃがむ
レバー後ろでガードしながら、LP派生のタイミングで一瞬しゃがみに入れて立ちに戻す。
LP派生をしゃがみ、RP派生やRK派生はガードすることができる。LP派生をしゃがんだ際はファジーなのでこちらは立ち状態。ベストなタイミングならアッパーやライトゥー等の浮かし技を差し込むことが可能。もしくはワンツー系を返しておくのが安定。
LK派生は被弾してしまうがヒットしてもジョシー不利。

■納刀ブレード(吉光のみ)
納刀時の吉光ブレード限定。LP派生以外に勝つことができる。ステップ派生にも刺さる。
RK派生には空中ヒットになるが、迅雷剣でのスクリューが間に合う。 割り込んだ際のリターンが大きく、ワンツー系で割り込むよりも優秀。

■華輪(吉光のみ)
左または右への一回転華輪。66入力での硬直キャンセルが必要。
LP派生以外の技を避けることができ、回避後に隼などの浮かし技が確定する。LP派生は引っ掛かってもノーマルヒットで済む。
ローリスクだがハイリターンが見込める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。