鉄拳7 シーズン3 吉光 小型キャラ限定露払いコンボ

友人からの情報提供による。

Ver3.10から蜻蛉中RKである夏茜の発生が早く・判定が下方向に強化された関係で、睨ぎ白道(立ち途中RPLP)の空中ヒット時には夏茜でスクリューできるようになった。

これは露払いカウンターからのコンボとしても使うことができ、通常よりも若干ダメージの高いコンボを狙える。

・露払いカウンター>睨ぎ白道>夏茜>逢魔外法閃~金打>巌頭

相手くるくるコンボ

3発目スクリューまでのコンボダメージレシピを比較すると、以下の通りである。
・露払いカウンター>トゥースマ>逢魔1発>迅雷剣[44]
・露払いカウンター>3LP>PKコンボ[44]
・露払いカウンター>トゥースマ~金打>斑鳩1発止め>迅雷剣[45]
・露払いカウンター>跳び牛若>夏茜[45]
・露払いカウンター>睨ぎ白道>夏茜[46]

先端ヒットでも狙えるため、3発目スクリュー以外のつなぎの融通が利かないものの、安定デスコンとなる。

ただし、このコンボは珍しいことに小型キャラ限定である。

中型キャラ、例えば仁などについても基本的には当たらない(稀に当たることはある)。よって狙う相手としては主に女性キャラ。リロイも小型キャラの部類。また吉光も若干不安定だが小型に含まれる。

理由については推測でしかないが、中型~大型キャラについては身長が高かったり頭が大きかったりするため、露払いカウンターで相手の体が反転した際に頭が邪魔で、吉光の立ち途中RPの当たる判定である足まで届かないことに起因すると考えている。

2件のコメント

そう言えば、白道から行くと3LPヘシキリ払いまで入るけど
3LPからヘシキリって、スクリューした時に軸ズレからんでないと入らないの?

3LPから圧切は正面もしくは相手の左に軸ずれしてると入ります。
相手の右にずれてると入らないので、要確認ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。