ローキックのフレーム

なぜ生ローというのかは…知らない。コマンド:2RK




発生DMGGHCスカ硬直CS
12F 7 -13 -2 -2 32 4

多くのキャラが持ってる通称生ロー。フレームについても特段変わった点はない。

おわり。お疲れ様でした。

英語圏ではSword Flash






戦術的な面で続けます。

当てて-2Fだが、吉光の場合はブレードと隼と立ち途中WPを持っているのがポイント。

相手キャラにもよるがブレードはショートアッパー系と相性が良く、手拍子で返してくる場合に有効。

またしゃがみからの隼については高い潜り性能を発揮するため、ジャブなどの上段系は潜ることができる。もちろん、下段も跳ぶ。

立ち途中WPについては根元が10F発生のため、13Fのショートアッパー系に打ち勝てる。

中段にはブレードと立ち途中WP、上段下段には隼と、手を出した場合はリスク・リターン的にも吉光側が有利な展開となる。こうなると相手に下がる選択肢が出てくることとなり、生ローヒットだけで逆二択のプレッシャーを与えられる。単なる削りだけではなく、展開づくりとしていかに活用できるかがキーポイントである。

削ったその先の読み合いを研ぎ澄ませよう。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。