不憂のフレーム

ハラキリ!(キャプテン・サワダ風に)コマンド:2LP+RK
発生DMGGHCスカ硬直
30F 60 D D D
吉光側ダメージ60 卍血桜派生(1発目)
発生DMGGHCスカ硬直
69F* 18 D D D
*吉光正面への攻撃判定発生 吉光側ダメージ6 ディレイ幅16F

まさに日本人ギャグとしか思えない切腹技。

もう昔からあるので普通な感覚になってるけど、例えば今どき新キャラが出てきてこんな技持ってたら「なに考えてるんだ」「開発が狂った」などと言われることでしょう。

そういう稀有な技を持っている面が吉光使いの心を掴んで離さないのかもしれません。

基本的に背面状態から狙う技だが、腰の部分に深く入れば正面から当たらないこともない。吉光の自傷ダメージは1F遅いので、相打ちの場合は一方的にダメージ勝ちとなる。が、まずほとんど当たらない。
かといって背面からまともに狙える状況もほとんどなく、無想中LKの伽藍で有利とった後なども良さそうだがリーチが短すぎてスカる。

実戦では壁コンボ・壁攻めから狙うのがもっとも現実的。

①壁やられ→吹雪から狙う
空中コンボなどで壁ヒットしたところに吹雪を当てて、そのまま不憂。
壁受け身に確定し、受け身をとらなくともダウン判定にヒットするので実質確定。卍血桜1発目もヒットするため、吹雪と合わせて最低でも54ダメージ(受け身時は77ダメージ)が確定となる。
ただし軸ずれが非常にデリケートであり、壁ヒット中に吹雪を至近距離で打って多少斜めにずれた形を作る必要がある。失敗のリスクが高いのが難点。

②壁際の阿修羅斬から狙う
壁コンボに凧殴り~金打>阿修羅斬を選択した場合、その後の指切拳万を暴れて回避することはできない。そこに不憂を狙う。
これも軸ずれが難点で、軸真正面以外だと距離が離れてしまうため不憂がスカる。吹雪と合わせて軸を見るスキルが問われる。

ちなみに卍血桜は全部ガード不能なので正面から突然狙えば当たるんじゃないかと期待したいところだが発生69Fという結果に。さようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。