鞍馬キャンセルのフレーム




鞍馬一刀(9RP)の発生は35フレーム。

この技はレバー下方向でキャンセルできるが、
キャンセルしても本来の下段の対となるような中段は打てない。

鞍馬一刀キャンセルは、全体49フレームの後、行動可能となる。
つまり、鞍馬キャンセル~トゥースマは49+11で60フレーム。

下段との差、25フレーム。
ファジーガードどころの話ではない。

なので、鞍馬キャンセルからは「あえて下段」を打つのがよろしい。
生ローとか、卍芟とか、露払いとか。

鞍馬キャンセル自体は、相手が下段を警戒すれば、吉光微有利になる。
相手の反応にも左右されるが、+4~5フレーム程度。
特に壁際だと有利フレームを活かしやすいので、壁際の鞍馬一刀ネタは探すと面白いかも。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。