掘り起こしトゥースマ斑鳩

斑鳩で掘り起しの火力は上がるか

スクリュー後に受け身を取らない相手をトゥースマで掘り起こす。というのは受け身狩りが得意な吉光が狙えるダブルアップ。

シーズン3からは斑鳩も装備され、トゥースマからの掘り起し火力が上がった…と言いたいところだが大したことはない。トゥースマ>逢魔外法閃~金打>斑鳩 でダメージを稼ぎつつ起き攻めもできるようになった程度である。
トゥースマ~金打>斑鳩 としてもその後に繋がるのは逢魔外法閃まで。その後の巌頭までは届かない。

斑鳩を絡めてもダメージは変わらないというのが現状である。

トゥースマ~斑鳩を狙う価値

では何故トゥースマから斑鳩を狙うのかというと、掘り起こすのではなく横転受け身をとった相手へのダブルアップとなり得るためである。

トゥースマが横転受け身にスカった場合、吉光が+5~+6Fほどある。そのため相手がトゥースマ等で暴れた場合は斑鳩がカウンターヒットする。

トゥースマがスカった上に金打移行モーションまで見えているのもあり、相手に「失敗した!チャンス!」という印象を植え付けやすく、ヒット率が高い。

圧切無刀がヒットした時に吉光の納刀モーションのせいで相手が暴れやすいのも似たような理論かと思う。

多段技なのもリスク低減できるポイントで、後方受け身時はトゥースマがダウン判定にヒットするが、確認の上で斑鳩を1発止めにすることができる。

なお、掘り起こしコンボになった際は斑鳩から逢魔外法閃くらいしか入らないが、斑鳩から朧車を打つことで受け身確定が狙える(受け身なし横転で回避可能)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。