鉄拳7 シーズン3 吉光 トゥースマヒット後の選択肢

シーズン3.03のザフィーナはトゥースマが強化されて、やられが変更になり+7Fとれるようになった。

いいなー!

吉光にもこういうのを実装してほしいところだが、そうはいっても始まらないので、現状でどうするかについて考える。

野槌と金打

シーズン3からヒット後の距離が近くなったことと、斑鳩の実装により、以前より二択に持ち込みやすくなっている。

まず近距離ヒットならば野槌踏み(1RK)が優秀で、相手のバックダッシュに届くほか、左右の横移動も追う。左横歩きの場合に避けられてしまうのと、ヒット位置がやや遠い場合やバックダッシュ性能の高いキャラには届かない弱点があるが、避けにくくガード時のリスクも低い優秀な下段となる。

対の中段については…
 3LP→左横にスカる
 峰打ち殺し→左横にスカる
 逢魔1発→右横にスカる
 卍裏跳び蹴り→バックダッシュにスカる
と、いずれもリターンの割にはリスクが高い。迅雷は強いが、ガード時のリスクを考えると単なる二択中段・横移動潰しとしては微妙。

そこで、中段を狙うならば金打移行した方がよい。二択中段として登場するのが斑鳩で、左右横移動は歩き含めていずれも潰すことができるため横移動を抑制できる。バックダッシュにスカることもない。当然リスクはあるが、ゲージ半分近くのリターンを得られるのでヒット率が3割もあれば釣り合いがとれる。

相手が暴れる場合は10Fが斑鳩と相打ちになるので、暴れ潰しも兼ねる場合は阿修羅斬、暴れ潰しのリターンを高くとるなら巌頭となる。

対応表を以下に整理する。

相手
吉光 立ち しゃがみ 左横 左横歩 右横 右横歩 暴れ
野槌 +14 ws12F +14 -浮 +14 +14 -浮
斑鳩 立12F +77 +77 +77 +77 +77 +45
阿修羅 立12F +52 +52 +52 +52 -浮 +52
巌頭 -浮 +25 +25 +25 -浮 +66

斑鳩が危険すぎて立ちガードするしかないというのが相手側の認識となる。

そこに野槌踏みをはじめ、前ダッシュから攻めたり金打蜻蛉から攻めたりするなど、いかに小技を絡めて相手を動かすかが重要となる。

なお巌頭は右横歩きで避けられるが、遠めヒットの場合は右横歩きにもヒットするようになる。巌頭ガード後がより遠くなるのもあり、トゥースマ遠めヒットからの巌頭は強い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。