めくり大ジャンプRK

吉光の次の壁コンボの後は、相手の受け身に対して
大ジャンプ下降RKがめくりでヒットする。

・圧切2発止め
・LP~卍芟2発止め
・生ロー(壁際で峰打ち殺し~生ロー)

軸のずれ方によってめくり方は様々だが、めくって背面ヒットになった場合は
相手が特殊な技を持っていなければ振り向きローが確定。次いで露払いを匂わせつつ攻め継続。

相手正面向きでヒットしたりガードされたりする場合もある。

相手が受け身をとらなかった場合、起き蹴りが確定するほどの不利ではないが
割り込める猶予も無いので、素直にガードしておくのが良い。

吉光がガード不能ではなく普通の受け身ネタをするのは珍しいので
たまには面白いけど、豆知識程度かなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。