対デビル仁動画解説1 腓骨ヒット後の読み合い




以前の動画(https://youtu.be/2G0MXwHyBh4)についてポイントで解説を。

デビル仁の腓骨抜きヒット後の状況について。

最初の腓骨抜きヒット。
ブレードを読んでるんじゃないかと思い、とりあえず様子見。
結果、お互い様子見。しっかり見られている。



次の腓骨抜きヒットの場面。
ブレードを打たなかったため普通に攻めてくる。
立ち途中LPと相性のよい左横移動から、合掌がカウンター。



次の場面。
もう一回合掌を打ってみるが、ちゃんと見られてガードされる。



次の場面。
そろそろ合掌に対応してくるんじゃないかというところで、
合掌の左横移動潰しで追い突きが来るところにブレードが刺さる。



次の場面。
動き過ぎたので様子を見る。相手もブレードの意識が戻って様子見。
結果、お互い様子見。元に戻る。



こうやって読み合いがループしていったんですが、
この後はブレードで勝ち、合掌で勝ち、また様子見…といった具合でした。

横移動での様子見はされなかったんですが、ブレードも合掌も横移動されたらキツかった。
横移動されたらどうするかというと、強引に金打~阿修羅とか白道とか打つと思います。強引ですけど。
そういうの見越して横移動ガードしてるようなら単純に下がるか、ダッシュから卍芟とかですね。

この対戦に関しては腓骨ヒット後の読み合いを多めに勝ててたのが大きかったです。

選択肢に迷うと、こういうジャンケンができなくなるので
対応を整理しておくとジャンケン判断しやすくなってオススメ。

明日につづく。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    近距離はこういう読み合いなんですね。
    高段者がなぜバンバン攻撃しないか、少しわかりました。
    自分の不利フレームの時もある程度似た感じですかね。
    今年もよろしくお願いします(^ω^)

  • SECRET: 0
    PASS:
    吉光ブレードが狙える距離・フレームならほぼ同じになると思います!
    今年もよろしくお願いしますー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。