鉄拳7FR 吉光立ち回り 置きまくるスタイル




置き重視の立ち回り。
正しいとか正しくないとかは置いといて、自分はこのスタイルです。

・右アッパーを置く
とりあえず基本。相手の前ダッシュを狙って遠巻きに置いておく。
ステージ中央付近ではフルコンボ+壁コンボが狙えるため期待値が高い。積極的に狙いたい。
振りやすくリターンも高いので、スカ確が遅いならバンバンいく。

・露払いを置く
これも重要な置き技の一つ。上段のコンボ始動を持ってるキャラ相手に有効。
三島とか、立ちから咄嗟に出せる長い中段スカ確がない相手には特に効果的になる。
ステップインガードにも対応する。しゃがみで待たれたら読まれてるので、前に出て択にいこう。

・毒霧を置く
地味だがリターンの高い置き技で、3割強は減る。
三島やキングなどの、ステップ持ちで近付いてくるスピードが速いキャラ相手に有効。
対処されると当たらないしリスクも負わされるが、毒霧を警戒すると近距離のステップインガードができず、前に出てこなくなるのでバリアとして優秀。

・卍葛を置く
判定の薄い上段だが、硬直が少なく振りやすい。カウンターヒットしたら殴り兜確定で2割。納刀ならブレード確で4割。
一美などのしゃがみステータスをあまり持たないキャラに対して有効。また空中ヒットで拾えるため、スラッシュキック潰しで打つのも有効。
硬直がジャブ並なので、相手のスカ確を誘ってガードを狙うこともできる。

・銀山魔を置く
中距離で蜻蛉を構えて銀山魔→銀山魔と2回振る。
技の繋ぎが早いので、蜻蛉を落とそうと近付いてきた相手を浮かせることができる。
しゃがステのない下段との相性がよく、例えば奈落払いや、ジョシーのダッキングローなどには自動的に対策になる。

・ミドルキックを置く
手堅い置き技。読まれない限り大きいスカ確は入らないので、安定させたいときに。
相手が体力ミリになったら、バックダッシュとミドルキックを繰り返すだけで相手相当辛い。

・圧切を置く
ミドルリスクミドルリターン狙いの置き技。
初段の打点が低いため、鳳凰の構えや仆歩など低い構えで攻めてくる相手に有効。
また2RPRPの2発目をノーディレイで出しておくことで、初段スカり時に相手のスカが遅れた場合にカウンターヒットが期待できる。(スカ確早いと普通に浮くので甘え)

・流雪を置く
横移動含めると発生が遅いので、遠巻きに置いておく技。
卍葛と同じくしゃがステの少ない相手に対して効果的。カウンター時のリターンが高いほか、空中ヒットでもスクリューになる。
WKで無想に移行できるので、無想するついでに振っておくのもよい。同時押しミスも防げる。

・垂直卍裏跳び蹴りを置く
垂直ライトゥーほど早くはないが、体が前に出ない置きとして振れる。
ジャンステなのを利用して長い下段持ちのキャラに、例えばスライディングなど。射程距離に入ったとき、しゃがみたくないけど、でも置きをスカらせるのは怖い。そんな場面で振れる。
その他、スライド入力しておくことで見た目を早くできるのでスカを被弾しにくくなる。

手を変え品を変え、相手に何が通用するのかを模索しながら、効果的なものを探す。
色々と用意しておけば相手も的を絞りにくくなる。




3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    自分もこのスタイルだと自覚してます。
    何回置き技スカってるのか。怖くて数えられないです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >鷹狩りさん
    攻め派…のイメージですが動画見た限り確かに似てましたねw
    >卍蜻蛉さん
    み、短い! あ、でもステステに刺さるかも?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。