納刀を極める 4 壁攻め2




納刀の壁際はなんといっても阿含瀑が強い。

しかし、2発目がヒットしなければ大したことはない。

阿含瀑は寝っぱなしでも2発目がヒットするため、相手としては壁受け身をとって下段ガードしたい。
ここにしゃがんで阿含瀑を匂わせてからの中段を狙うことができる。

狙うは壁強をとれる技。主には以下。
・卍裏跳び蹴り
・紫電

紫電の方が判定・発生に優れダメージも高いけど、しゃがまれる恐れがある。
主力は卍裏跳び蹴りになるでしょう。
ただし、相手の技によっては早めに重ねないと潜られるケースがあるのは要考慮。その場合は紫電も視野に入れていいと思う。

壁強をとった後は、左横移動流雪もしくは右横移動バレリーナで壁剥がしコンボ可能。
しかし、例えば相手の側面~背面まで回ってコンボ決めても、陽炎裏から指切確定なわけでもないし、その後の展開も続きにくい。
うまいことずらして6LK>逢魔外法閃>壁正面ヒット~ができそうな軸なら狙ってもいいけど、
そうでなければ単純に睨ぎ禍魂(立ち途中RPLPLK)を入れておくのがよい。壁攻め継続できることが大きい。

~~~

このように中下の二択が強力な場合、一般的なテクニックとして受け身をとらず、ダウン中に1発くらうのは覚悟でとりあえず横転して逃げるという手段がある。
横転に対して吉光は非常に強く、卍芟がある。掘り起こして壁攻めに戻せるため、他に類を見ないレベルで優秀な起き攻め下段。
横転を読んだら全部卍芟でいいと思う。

その他、納刀ならではの選択肢で狙っていくなら比較的面白いのが獄門。
打点が低いため横転にヒットする中段で、受け身をとられていた際の中段としても機能する。
地上ヒットしても壁強はとれないが吉光側が+4Fとなるため、動くと納刀ブレードが刺さる。これを軸にしつつ、固まる相手へ卍芟、阿含瀑、卍裏跳び蹴り…と読み合いが戻ってくる。
でも書いてて思ったけどノーマルダウンとれる峰打ち殺しの方が優秀かもしれない。

ここまで
・受け身とるなら択る
・受け身とらずに横転するなら卍芟で掘り起こす
ときたけど、寝っぱへの対策はどうするか。

阿含瀑の2発目が寝っぱに当たるとは言え、1~2発目の間に起き上がってしゃがみガードは可能。
「寝っぱで様子を見て、阿含瀑打ってきたら見てから2発目しゃがみガード」
とされる場合はどうしよう。

相手がジャックギガースだったら寝っぱも卍芟でいいや、になるから楽ですね。
このへんがデカキャラキラーなところ。

通常キャラの寝っぱに当たる技といえば
・銀閃華
・八咫烏
・野槌踏み(中型以上)
・スイープ
・露払い
・露薙ぎ払い
・鞍馬一刀
・迅流撃
・空蝉(金打LP)
・死馬駆り
・石臼潰し
こんなところでしょうか。

銀閃華や八咫烏は強いけど、受け身その他の行動へのリスクが高い。
露払いはリターンの割にしゃがみガードされた場合のリスクが合わない。露薙ぎはダウンに当てても硬直長すぎて攻めが続かない。石臼はダウンに当てても牽制キックがかわせない。
となると単純に野槌、スイープ。その他、納刀はダウンに当たる中段の金打LPがある。

ここでは迅流撃を推したい。
1発止めが基本だが、相手の受け身を確認をしてから2発目を出すことができる。
1発目はたとえガードされても2発目があり、2発目はカウンターでくるくるやられなので手を出すと壁強。
またノーマルヒットした場合は連続ヒットで五分だが、壁密着かつ相手が動くと8F納刀ブレードがほぼ全ての選択肢に勝つ→動けない→択がかかる。
最大リスクとしては受け身からの最速ジャンステ暴れだが、これを引き出せるなら儲けものか。

しかしこう見てみると、銀閃華か八咫烏でも入れない限り寝っぱへの追撃はリスクの割に安いと言わざるを得ない。
ひたすら寝っぱなら、無理に寝っぱに当たる技を選択するよりかは、我慢比べをしたほうがよいかもしれない。
つまり、相手が動くまでこっちもジリジリやるということ。

吉光には卍芟という強力な技がある。 単発技でスカったら逃げられる、という技ではないので相手は容易に動けない。動いた瞬間に掘り起こされる。
ジリジリやるには、卍芟の2~3発止め。5発出すと5発目を見てから起き蹴りを打たれてしまうので、5発出すのはヒット確認時のみ。
相手が動くまで卍芟2発>卍芟2発などとやり続ける。うまいタイミングで起き蹴りを打たれるとカウンター被弾の可能性ももちろんあるが、倒木蹴も絡めると、卍芟が止まったのを確認してから安全に起き上がるというのはほぼ不可能。

なんだ、結局寝っぱも卍芟でいいんじゃないか?

というわけでシンプル化すると
・欲にまみれた阿含瀑
・阿含瀑の威を借りた華厳
・からの、おもむろな卍裏跳び蹴り
・受け身とらないなら迅流、卍芟、卍芟。
という壁攻めになってくる。

こう見ると納刀の壁攻めもなかなかいいんじゃないでしょうか。
抜刀もあんまり掘ってない気がするので再考の余地はありそう。




4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    寝っぱには露薙ぎ払いがありますよ!
    これ、強いのがヒット後も同じ状況が続いて
    寝っぱ→露薙ぎhit

    横転→露薙ぎhit

    起き上がりに露薙ぎhit
    のように延々と付いていきますから、相手を起き上がらせることが出来るので、そこで2択です。ガードされたら残念!(笑)

  • SECRET: 0
    PASS:
    と思ったら、記事を読むと硬直が長すぎると…気兼ね無く使ってましたがどうなんでしょう?

  • SECRET: 0
    PASS:
    納刀は今までリリにしか使ってきませんでしたが、記事見てたら納刀も面白そうだと思いました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >卍蜻蛉さん
    露薙ぎダウンヒット後だと、スプリングや牽制キック打たれるとフレーム的に攻めれず、受けるしかないなと思って書いてました。
    実戦場面で効いてるのであれば、露薙ぎも十分選択肢として使えそうですね!
    >サボテンさん
    2キャラ使ってるみたいで難しいですが、幅が広がりますねー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。