獄門マスター




納刀中6WPで出せる獄門は、隠れた良技。

しゃがみステータス(ステータス発生8F)の中段で、出始めに体が若干下がるため避け性能があり、ダメージが高く(ダメージ25)、技後がしゃがみ状態のためガードされても確定反撃が限られる(マイナス13F)。

しゃがステ中段ということで、迅雷剣に匹敵するとまでは言わないが、似たような振り方をすることもできる。何より確定反撃が限られるのが強力で、相手キャラによってはショートアッパー単発程度しかない(過去記事参照「獄門の確定反撃が安いキャラ」)。咄嗟にワンツーなどを打とうものなら当たらず、逆に浮かせるチャンスだ。横移動にも微妙に強く、右横歩きされない限りは追う。納刀中にしか出せないのが本当に惜しいな、と思う性能である。

ではこの技をどのような場面で打っていくと効果的かを考える。

ミドルキックから獄門

ワンツー系は当たらず、ショートアッパー系の中段も回避することが出来る。ミドルキックはなるべく遠距離ガードの方が、より効果を発揮しやすい。

弾割りから獄門

こちらもワンツー系が当たらない。キャラによってはショートアッパー系の回避も可能。

唐繰渦巻から獄門

弾割りと同じフレーム、同じような距離になる。納刀時の甘え丸出しわがまま連携。

凧殴りから獄門

迅雷剣と似たような使い方で、相手の上段攻撃が当たらない。バクステにも届き、左右横移動も追う(右横歩きのみNG)ため、スカされることが少ない。中段で潰してくるならば横移動、あるいは金打からの巌頭や阿修羅斬が狙える。

パワークラッシュに合わせて獄門

上段攻撃のパワークラッシュとはもちろん相性がよい。

上段攻撃のレイジアーツも言わずもがなだ。


獄門は発生が16Fなので、不利から打つ場合にはカウンターヒットに気をつけなければならない点が要注意である。
特にブライアンのチョッピングやドラグノフのアサルト、あるいは平八の6LKなどといった、発生やや遅めだがカウンターで痛い中段攻撃を持っている場合には狙うのは危険だ。逆に、そのような中段攻撃が少ないキャラであれば、暴れ技としてひとつ狙い目となる。

フレーム五分、あるいは有利から打つ場合には、相手の上段暴れを潰しながら攻撃できる選択肢となる。派生のあるハイキックカウンターを持つシャヒーン、カタリーナ、マスターレイヴンや、ワンツー系が優秀なスティーブ、ブライアン、仁、ジョシーなど、その他10Fカウンターが強力なフェン、ジャック、リロイなどにも有効な選択肢となるだろう。

三島家に対してはスカった際に風神拳を入れられない面倒くさい技になる。閃光烈拳をはじめとしたジャブも打ちづらくなる。相手が吉光慣れしていないなら雑に置いてもよい。またデビル仁の3RPに対しては相性が良く避けやすいため、中段カウンターも被弾しにくいという点でデビル仁戦ではより効果を発揮する。

多彩な性能を持ち、打たれた相手は意識を割かざるを得ないこの技。使いこなせば大きな戦力となってくれるだろう。




4 件のコメント

  • 記事と関係なくてすみません。
    吉光を始めたばかりなのですが、コンボ後の立ち回りというかどう動いていけばいいのとかに困っています。
    たとえば、コンボの最後を巌頭で〆たあとどういう起き攻めを仕掛けるためにどういう動きをして近づく、距離を取るのかといった感じです。
    そういった記事とかがあったらすごく参考になります

    • ありがとうございます。
      ダブルアップ系は最近書きましたが、実戦では巌頭締めも多いですよね。
      今度少し書いてみますね。

  • いつも拝見し大変参考にさせていただいております。

    粗を突く様で大変恐縮ですが、獄門に関して一応一部キャラの持つしゃがみ投げ(発生12F~13F)が確定します。
    完全二択で抜けられればダメージゼロですが、当たれば40点~45点ほどのダメージとなり、無視できないものとなります。

    なお、恐らくですがキングのしゃがみ投げ始動の投げコンボは、コマンドの関係上確定しないものと思われます。

    既にご承知かとも思いましたが念のため申し添えさせていただきます。

    • ありがとうございます。なるほど、それは盲点でした…!
      キングの投げコンボ始動しゃがみ投げも、33入力とはいえ先行入力が効くようなので確定で掴まれました。これは危険ですね。
      知見が広がったのと、記事も良くなるので感謝です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。