鉄拳7 吉光 変更点




とりあえずリリース初日時点での情報ですが、わかった範囲で。

▼新技
・ステップインアッパー(3RP)
これまでの納刀アッパーと同じ性能。
立ち回りでの主力のひとつ。
しゃがみは浮かない。

・圧切刈り(2RPLP)
スクリュー誘発。
コンボパーツだが立ち会いでも強く、ガードで確定反撃なし。二発目上段。たぶん割り込めない、と思う。
カウンターで連続ヒット。もしかしたらノーマルで連続ヒット。
一応ディレイがかかる。

・眉屁割り(9LP)
低いジャンプ切り。中段。
あんま使ってない。。ヒットで結構減ってた。
とどめの削りで、レイジアーツ軽減を兼ねていいかも。

・睨ぎ白道(立ち途中RPLP)
厄払いからの派生。連続ヒットの浮かせ技。蜻蛉に強制移行する。
隼よりも減るので、立ち途中の確定はこれを入れたい。

・卍蜻蛉~地雷刃(蜻蛉中WP)
・卍蜻蛉~卍あぐら(蜻蛉中2WK)
・千覚~卍蜻蛉(千覚中8WP)
・千覚~地雷刃(千覚中WP)
どれも結構早かった。
これで千覚と蜻蛉と地雷刃を自在にループできるように!

・千覚露払い(千覚中RK)
露払いが出ます。

・真・吉光ブレード(レイジ中7LP+RK)
すごい技名。カズヤ以来のレイジ技持ちで、開発の吉光愛を感じる。
発動するとレイジアーツと同じスローモーションの後、吉光ブレードのようなポーズになり、技が当たると受けた直後に吉光ブレードの効果が出て相手に刺さる。
被弾時にダメージは受けるが、非常に少ないダメージに軽減される。
ブレードヒット時は吉光側の硬直切れるのが早く、3LPなどでも拾える。
技の先端だと受けてもブレードが届かないこともある。
使うとレイジは消失。

・レイジアーツ(レイジ中4WP)
中段のレイジアーツ。リーチはちょい長め程度。ガードされれば浮きます。

▼既存技変更点
・殴り兜割り(LPLP)2発目カウンターでうつ伏せダウン

・露払い(しゃがみ3RK)硬直増加、ヒット+3F
非常に痛い変更点。カウンター時に紫電や厄払いでは拾えない程度の硬直。
ヒット時も相手にトゥースマ打たれるとこちらもトゥースマくらいでしか潰す技がなく、リスク負わせるには下がる必要がある。

・跳び牛若(LKRKスライド)ヒット有利減少
ヒット後の生ローが跳ばれる。
たぶん+3くらいなのではなかろうか。

・神隠し(蜻蛉中WK)が空中ヒットでも投げ移行
コンボに組み込むとまあまあ減る。
床割れ誘発だがめっちゃ遠い。

・銀山魔の空中ヒット時の挙動が変更、やや浮きが高い
ブライアンのダブルニークラッシュの二発目などと同様。

・頭蓋(地雷刃中WP)がノーマルヒットで浮く
ダメージも上昇。地雷刃を使えということか。

・地雷猛馬(地雷刃中6または4)が後ろに下がれる
楽しい。地雷刃を使えと。

・怨霊突きが削除
4WPがレイジアーツのコマンドになったため。
てっきり46RPになると思ってたけど、削除されたっぽい。

・重ね脇差が削除
ステップインアッパーおかえり。

・千覚日向砲が削除
露払いに変更。良いと思います。

・一閃がコマンド変更 44LP+RKに
レイジアーツコマンドとかぶるため。
ブレード打つのに若干邪魔かもしれないが、44なら大丈夫か。

・睨ぎ荒魂、睨ぎ禍魂が納刀技に変更

・RKRKRPRPRKRK…の十連が削除
な、なぜ…

▼その他既存技
・巖頭(金打中6RP )
まさかのスクリュー誘発せず 。

・阿修羅斬(金打中WP)
ヒット時の背向け2LPは変わらず確定。
たぶん牽制キックで軽減しない限りダウン判定に当たる。

・野槌踏み(1RK)
カウンターでなんかあるのを期待してたけど、据え置き。

・迅流撃(3WPRP)
変わらず連続ヒット。

・PKコンボ(RPLK)
ちょっと期待してたけど、ノーマル連続ヒットせず

・峰打ち殺し(6WP)
空中ヒット時無双鉄槌やられ。

・華輪(4LKまたは4RK)
66で硬直キャンセル含め、これまでと同様。

とりあえずここまで。コンボは別で書きたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。