鉄拳7FR 9/15調整 Ver.D 吉光新技

9/15に調整が入っていたようです。

調整項目一覧を見ると、あるわあるわ。A4縦を3枚近く並べたサイズが3ページ。
追うのに骨が折れます。

そして完全に予想外だったけど、吉光に新技がついていた。

技名:紅葉蹴り
コマンド:3LPRK

打ってみると、3LP→ミドルキックの連携技。
禍電しゃがむ人への中段か!なるほどね!と思ったら、まさかの連続ガード。
しかも確定反撃がある。ジャブ確定どころか、-14Fあった。

鉄拳において中中の連携で確定反撃のある技っていうのは、
1~2発間が割れなくてカウンターで痛いとか、2発目がダウンを奪えるとか、3発目の派生があるとか
ほとんどの技がそういう読み合いできるように作られてると思ってるんだけど、連続ガードで-14Fもあってこれは…

ノーマルで連続ヒットするので確定反撃になる。確定反撃専用ってことですかね。
3LPヒット時の距離を近くしましたって調整があるけど、この技が当たりやすくするためでしょう。
それでも3LP先端ヒットの時は2発目がスカることがあって、スカると-20F以上ある。

2発目ヒット後は+4だが距離が遠く、攻め継続は難しい。
バックダッシュに外法閃が届く距離なので、ミドルキックヒット後みたいな感じで狙い目にはなる。
壁際の場合は距離が離れない。そこそこいい状況。

空中ヒットの時は2発目が重すぎて、迅雷剣で拾うことは適わない。

強みを挙げると、2発目の繋ぎが連続ガードになるくらい早いので
初段をスカされたとしても、スカ確を決めるのは難しいということ。
横歩きで2発ともスカされるということもなかった。有利から暴れ潰しの3LPと、横スカ抑制を兼ねることができる。

あとは、3LP振ったら相手がレイジアーツしていた時に、RK派生で倒しきれることがあるかもしれないのが活躍が予想されるポイント。

確定反撃が伸びるので純粋に強化ではあるんだけど、なんだかモヤモヤ感がぬぐえない技。

~~~

判定:中中 ダメージ:14,17
ガード:-14F ヒット:+4F カウンター:+4F?

6件のコメント

SECRET: 0
PASS:
抜刀状態での確定反撃強化なので、ナイスですね。
これで、納刀、抜刀のどちらでも安定した戦いが出来るので
吉光として仕上がった感じがします
6当初とか納刀意味なかったですからね(笑)

SECRET: 0
PASS:
連想ガードだったんですね。
皆、しゃがんで当たらないな、と思ったら😣

SECRET: 0
PASS:
正直、この性能だとあっても無くてもかわらゲホッゲホッ!
LPLPの方が攻めやすいだろうし、これじゃなきゃ駄目って状況が無い気が・・・
ダウンなら違ったんだけどなぁ。やっぱり納刀用かな?
てか初代家電が偉大過ぎたなw壁やられ取れなくて良いからあれが欲しい。

SECRET: 0
PASS:
スクリューして壁まで近いけど横移動する暇無くて合掌打てないときのパス役に使えますかね?
壁強再貼り付けも合掌と似た感じですが、案外バックダッシュや横移動するだけの猶予が無い感じでした

SECRET: 0
PASS:
本当に謎な新技ですね。
確反ですこし期待値上がるのは嬉しいですがガードで-14はちょっと理解に苦しみますね。
牽制用には絶対に使うなという開発者からのメッセージなのでしょうかw

SECRET: 0
PASS:
>卍蜻蛉さん
確定反撃強化なのは、評価できますねー。
納刀釘打ちよりはこれがいいのか…
>吉光侍さん
それを期待しますよねー。ちょっとがっかり性能。
>tanoさん
一部確定反撃では役に立つようですが…
微妙な技つけたなぁ~という感想
>Wさん
繋ぎが早いので、壁が近い時の運びには使えそうですね。
2発目が重すぎて壁コンボが間に合わないことがあったので、運び段数と距離をよく見る必要がありそうです。
>mizさん
禍電の調整で確反が?はいどうぞ!という感じなんでしょうか。
無双鉄槌とか、ブラの3RPLKとかよりガード時のフレームが悪いというのはなんとかしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。