鉄拳7FR プレミアム練習でできること

プレミアム練習なるものをやってみました。

普通の練習モードと何が違うのか。

・ダメージがわかる
技のダメージが表示されるようになる。
コンボのダメージも表示されるので、コンボダメージの検証ができる。

・CPUの行動設定2を設定できる
CPUに2つ目の行動を設定できる。設定すると、行動設定1→2の順に行動するようになる。
行動設定2には設定1で設定できる内容のほか、横移動、横歩き、バックダッシュが追加されている。
例えば行動1に立ちガード、行動2に横移動を設定すると、技をガードした後に最速で横移動するようになる。
これにより特定の状況の後、続く技が横移動で回避できるのかといった検証ができる。

・ステージギミックをリセットできる
壁破壊や床破壊といったステージギミックがリセットできる。
再読み込みは発生するが、時間は減っていない模様。通常練習のステージ再選択よりは楽。

・設定を初期化できる
練習時の設定を全部初期化できる。プレミアム専用の理由がわからない。

以上です。

コマンドキャプチャー的な機能を期待していたのだが、少々残念。

しかし、うまく使えば確定反撃や各種フレームなら調べることができる。
確定反撃だったら調べたいキャラを自キャラにして、相手キャラを自分の持ちキャラにする。
行動設定1をガード、行動設定2をマネマネくんにして、技をガードさせる→確定反撃のコマンド入れる→ガードに入れる→ガードできるかどうか。
似たような感じでフレームを調べることができるので、この点では割と満足しています。
2つの行動設定というのは面白いので、使い方によっては幅も広がりそう。

もはや練習モードというより、調査モードに近い
単にコマンドやコンボの練習するんだったら・・・普通の練習モードで充分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。