クイックスライダーあぐら

アリサの2LKであるクイックスライダーがヒットした後の、構えからの派生に対して。


派生のLPは上段だがガード有利、RKは中段浮かせ技で確定反撃がない。

2LKヒット後に打撃で割り込むことはできない。吉光ブレードも届かずダメ。

立っていれば被害はないのだが、上段はしゃがむとリスクを負わせることができる。

しかし、しゃがむとRKを被弾してしまうのでこれは危険。

RKにリスクを背負わせられないのかとなると、2P側のみ右横移動が可能。

しかし、LP派生を無条件で被弾するためこれもやはり微妙。



じゃあ卍あぐらしたらどうなるのか。



LP派生は当然のごとく、当たらない。

RK派生も姿勢が低すぎるのか、当たらない。

RK派生はスカ硬直が非常に大きいため、あぐら回避→立つ→右アッパーが確定。

壁を背負ってても大丈夫。なかなかオシャレでよい。

LP派生に対しては残念ながら確定がない。最速で立っても吉光不利。

無空舞で背面に回っておくか、背面に回ると見せかけて千覚露払いのカウンターを狙うのが良さげ。

なお、LK派生はなかなか使われないがこれは被弾する。



構え派生なしから普通にトゥースマなどを打たれると潰されるため万能ではないが、

特にこちらが壁を背負っている場合はLP派生の展開が強力なため、派生が使われやすい。

相手が強気に攻めてくるなと思ったら面白い選択肢のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。