マスターレイヴン ギロチンクラッカー対策




3RKRKの踵切りのようなモーションの技。
3発目の派生があり、消えて上空からキックが来る。

初段はしゃがみ状態にヒットすると浮くため、二択中段として1発止めが使われる。

1発止めは確定反撃があるためフォローとしての2発目がある。
2発止めも確定反撃があるためさらにフォローとしての3発目と続く。
3発目は、2発目がカウンターヒットした場合の追撃にもなる。

・1発止め(3RK)
-15Fあり、吉光の場合は右アッパーが確定。

・2発止め(3RKRK)
-15Fあり、やはり右アッパーが確定。近いと隼も確定・・・のはず。
先端ガードだと不利フレームが減って確定しないことがある。
3発目を出されると当たらず、相手の3発目がヒットする。3発目が地上ヒットするとコンボなので、空中ヒットで逃げられる隼の方が良い。

・出し切り(3RKRKLK)
地上ヒットするとコンボ始動技。2発目ガードから横移動すると回避することができる。
吉光の場合は左横歩きして側背面から逢魔外法閃が確定。

とりあえず1発止めに確定入れてくるか様子を見るはずなのでまずはアッパーを差し込み、
その後2~3発目に対しての読み合いを。ダメージ効率としてはこちらが勝っている。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。