鉄拳7 ギース 6LKガード後の読み合い

ギースの特殊技である上段の6LKは、ガードでギース側が+1F。

シーズン3でしゃがパンカウンターから6LPが連続ヒットしなくなったため、6LKもよく見るようになりガードする機会もより増えた。

この後の吉光での対応について考えていく。

吉光ブレードが超強い

ガードでギース側が+1Fであるが距離が密着であるというのがポイントで、この場面からは吉光ブレードが超強力。

相手の選択肢に対して以下のようになる。

ギース側の行動
LP吉光ブレードがヒット
RK吉光ブレードがヒット
3LP吉光ブレードがヒット
3RP吉光ブレードがヒット
4LK吉光ブレードがヒット
しゃがパン吉光ブレードがヒット
2LK2LKがヒット
2RK吉光ブレードがヒット
2RP吉光ブレードがヒット
投げ吉光ブレードがヒット
左横移動吉光ブレードがヒット
右横移動ブレードスカる
バクステブレードスカる

ギース側が攻めてきた場合はほとんどの行動にブレードが刺さる。攻めてくるならブレードが刺さると思ってよいだろう。ブレードに対応する場合は基本的に下がるしかない。

ブレードの他に迅雷も活用

ではブレード警戒された場合の対として何を打つか。

単純に思い付くのは横移動と2LKに対応し、ガードされても確定反撃のない卍裏跳び蹴りだが、LPや3LPで浮いてしまう点で運び能力・コンボダメージの高いギース相手にはリスキー。

バクステに対応するため下段という手もあるが、6LKガード後はギース側も横移動がかなりの好手で、本当に横に強い技以外はギースの横移動に当たらない。生ローもスイープも卍芟も野槌踏みも右横移動で回避される。

そこで、相手の横移動を抑制しつつブレードの対にもなり得る迅雷剣という手段はどうだろうか。

相手の技との対応をまとめると以下のようになる。

ギース行動ブレード迅雷剣
LP○!
RK○!○!
3LP○!×
3RP○!○!
4LK○!×(!)
しゃがパン○!×
2LK×○!
2RK○!○!
2RP○!×
投げ○!
左横移動○!
右横移動×!
バクステ×!×(!)

びっくりマーク付きはコンボとなり、リターン・リスクが高いもの。
括弧付きはギース側がゲージを1本以上持っている場合のみ危ない。

こう見ると迅雷剣は吉光ブレードの弱点を潰しつつ、比較的リスクを抑えて打つことができる優秀な技。相手が横移動から入れ込みならカウンターも期待できる。

ブレードと迅雷、この2つの技を意識させると相手はバクステ or 立ちガードするしかない、ということになる。

それが読めたらもうギースのターンではなくなり、安心して下がれるし、図々しく攻めていけるようにもなる。単純に下段でもいいし、蜻蛉二択でもいいし、ガード不能でもいい。山ステされなければ華厳も刺さるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。