ブライアン対策メモ




■ブライアンはどんなキャラ?
カウンターヒットでリターンが大きくなる技を数多く持っているのが特徴。代表的なところではチョッピング・ハチェット・6LK・WK などがある。
ガード有利なチョッピングで攻めつつ、ヒット有利な下段のハチェットで削る動きが主体。有利フレームをとって主導権を握りながら、要所でカウンターヒットを狙うスタイルのキャラ。

また壁際が強烈に強く、壁に追い込むと挑発を絡めた強力な壁攻めが可能。壁際のプレッシャーは全キャラの中でもトップクラス。

■ブライアンの弱点
・しゃがみステータス技が少ない
中下段の主力技はいずれも強力だが、しゃがみステータス技は1LKのスイーパーキックくらいしかない。そのため相手が有利な場面でも、ジャブを打つのが有効。
ブライアンが本命で当てたいチョッピング・6LK・ハチェットといった技は、いずれもジャブで潰すことができる。
ブライアン側の対応としては、ジャブやハイキックを重ねて潰すか、横移動、しゃがむ、あるいはパリングといった選択になり、二択をかけにくい。同時に、こちらのしゃがみステータス技も通りやすくなる。
例えばチョッピングガード後などの場面において、ジャブで暴れていくのは有効である。

・置き技が少ない
右アッパーやハイキックのような優秀な置き技がない。そのため、前に出てこられるとブライアンは対抗する技に困る。
ブライアン定番の置き技としてフライングヒールはあるが、発生は遅めでリーチも短く脅威ではない。ブライアンが撃ちたい技についても平均して発生が遅いため、立ち回りにおいては発生の早い技や、リーチの長い技で先手をとられやすい。
置き技の選択肢が少ないので、横移動LPが飛んできたり、スカ硬直長めのWKが空間に置かれたりもする。かわせばチャンスとなる。
ただその中でも優秀なのはスマッシュ&マッハキック。リーチが長く、ヒット確認できるため強力である。

・ジャンプステータス技も少ない
ライトゥーのような基本のジャンプステータス技もないため、攻め込まれた時の切り返しが弱い。
ジャンプステータス技は置き技の項で挙げたフライングヒール程度で、ブライアンとしてはこの技が生命線。
下段で迫ってくる相手には特に有効なジャンプステータス技であるが、発生が遅いため拾われやすく、またスカされやすいため、二択拒否としてはいまひとつ。こちらからすると、攻め込むにはチャンスである。



スカし確定には優秀な技(スウェーからのスマッシュ&マッハキック)を持っている。スカし確定を警戒させつつ、相手に近付いて有利フレームをとりにいくのがブライアンの戦い方になる。
ブライアンのプレッシャーをまともに受けてしまい、恐る恐る手を出したところにカウンターをとられるのが負けパターン。
簡単に攻めさせず適度に手を出すことで、自分のペースを維持しよう。

■吉光の場合
・キャラ相性について
実は相性があまり良くない。
先述の通りブライアンは有利フレームをとれる攻めと、リーチの長いスカし確定が得意なキャラ。
吉光は攻めるよりは防御型で、スカし確定と置き技を狙うキャラ。先に手を出すのが苦手な吉光としては攻められやすい。
特殊な点として、近距離の読み合いは深く派手である。ブライアンはチョッピングエルボーやハチェットなど、近距離で有利となる技が多いが、それらは同時に吉光ブレードのポイントとなる。
他キャラより選択肢が多い分有利かもしれないが、リスクも大きく背負うので、とにかく読み合いが大切になってくる。

・牽制を多めに
吉光の場合は跳び牛若で牽制していくのが有効である。
ブライアンは置き技が少なく、ハイキックなどもあまり優秀ではないため、手は出しやすい。牛若はジャンプステータスであるためフライングヒールに潰されても浮かず、逆に潰していれば浮かしてコンボと相性が良い。
牛若以外には吉光主力の置き技として露払いや右アッパーがあるが、いずれもブライアンの優秀なスカし確定の的になるので注意。
その他オススメしたいのが毒霧を置いておくこと。しゃがみステータスで毒霧を潜ってくるような技がないので、強力なバリアとなる。

・攻めるフリ
要するにスカし確定狙い。立ち回りで飛び込まず相手の技を待ったり、しゃがみ択を匂わせてから横移動などでの回避を狙う。
先述の通りブライアンは攻め込まれたときの切り返しが弱いものの、吉光の主力下段である卍そうはフライングヒールと相性が悪く、倒木蹴への二―クラッシュカウンターもある。
崩しにいこうとするのはリスクが大きいので、まじめに二択するよりも技を誘う動きの方が合理的である。
スカし確定技には、釘打ちを準備。ブライアンのWKのスカりには右アッパーがしばしば届かなかったりする。

・ブレードを読ませた読み合い
近距離では、吉光ブレードを軸に深い読み合いが発生する。
チョッピングガード(ブライアン+3F)後と、ハチェットヒット後(+4F)は非常にわかりやすい吉光ブレードポイント。ここで相手が最速で中下段を打って来れば打ち勝てるのだが、もちろんそう簡単にはいかない。
お互いがお見合いになった末に空気で技を振り合う展開になりがちで、こうなるとダメージ効率の分がやや悪い。カウンターのリスクが非常に大きいので、ブレードを読まれた時でも遅らせて手を出すのは危険。思い切って最速で右アッパーなどを振った方がよかったりする。
ここの読み合いは、非常に発生するケースが多いので別途まとめることとする。

・華輪
ブライアンのペースになってしまうと、手を出してカウンターの流れができてしまい非常に苦しい。
噛み合っている時は逆に手を出さずに、華輪するという選択肢がある。メイン技であるチョッピング、ハチェット、WKなどの技はいずれも華輪に弱く、かわせば浮かせ技が入る。
失敗してもカウンターヒットはしないので、相手が手を出してくるのであれば3回に1回成功すれば上々の選択肢となる。

■主要技のフレームと確定反撃(ina tekken wiki様より拝借)
吉光がブライアンに与えられる確定反撃は安めである。


■2発目しゃがむ系
3RPLP
スウェー~スマッシュ&マッハキック
LPRPRK
2LKRP

■まとめ
・不利になってもある程度ジャブを打つ
・立ち回りは跳び牛若で牽制がメイン
・毒霧を撒いておくのも有効
・攻めるフリしながらスカ確狙い、釘打ち準備
・最速でブレード打つのは読み切ったときだけ
・手を出してカウンターしてしまう時は華輪も

流れがブライアンに傾くと、噛み合ってあれよという間に試合を決められるキャラである。
焦って手を出したりすることは控え、常に冷静な対応をしていくのが大切となる。

ハッハー!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。