鉄拳7FR クラウディオ対策(吉光・有効な行動)

■有効な行動

◎跳び牛若で攻める
イラの出掛かりを潰したりノヴァの出掛かりを潰した際に、空中ヒットでコンボに持ち込むことができる。
1LKとの相性もよく、全体的にクラウディオ側の技とかち合った場合に打ち勝ちやすい。

○スラッシュキックで飛び込む
クラウディオ置き技の代表はノヴァだが、空中ヒットしてもコンボにならない。
スラッシュキックは空中判定発生が早いため、相手が守った際に手を出していくのに向いている。

○スカ待ち釘打ち
ノヴァがスカっても距離が遠いため、リーチの長いスカ確の相性がよい。

○有利から蜻蛉二択
これもノヴァが空中ヒットでコンボにならないのを利活用。
暴れられた際のリスク軽減を兼ねている。しゃがんで択をかけるよりもローリスク。

○不利からジャブ暴れ
ジャブ1発止めでの暴れ。6LKが来た場合に空中で拾ってコンボに。1LKだとしてもカウンターヒットしない。
3RPを打たれるとカウンターヒットしてしまうのでバレないように。

■微妙な行動

△置きアッパー
クラウディオが飛び込んでくるシーンは少なく、イラとの打ち合いでは分が悪い。遠巻きに打ったとしてもイラやノヴァの的になってしまう。
→スカる位置でのアッパーではなく、当てにいくアッパーにする

×置き卍葛
イラと打ち合ってもリターン的に悲しい感じで、ノヴァには確実に潜られる。狙いどころがない。

×中距離での横移動
イラが避けれるようで避けれない。特に理由もなく被弾するのは痛すぎるので、横移動は控えたい。
→軸をずらしたいなら横移動しゃがみを。

×ブレード暴れ
ノヴァ、6LK、1LKといった主力技に対して軒並み相性が悪い。
勝てるのは4LK程度になるので、基本的に頼らない。
→立ちガードか、暴れるならジャブを。

×華輪
6LKや4LPといったホーミングが強力なため、活かせる場面が少ない。横移動も同様に危険。
→バックダッシュをメインに。

×隼暴れ
ジャブが潜りにくく、やはり6LKなどが空中ヒットしてスクリューする。期待できない。
→暴れずにしっかりとガードを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。