【対飛鳥】ブレード・華輪・金打ポイント

霞掌拳

LPLP、4RPLPなど。中段部分に対して金打当て身が有効。

LK派生→当て身後の八咫烏がヒット
2RK派生(水面)→当て身後の八咫烏がヒット

紫雲二段蹴り派生については、ディレイが短い場合は八咫烏が潰される。ディレイが長い場合は八咫烏が競り勝ち、空中ヒット。(外法閃まで確定)

ちなみに華輪回避も可能だが、紫雲二段派生や水面派生など痛い派生が回避できないので少々危険。

6WP(パワークラッシュ)

壁際限定

壁背負いガードでブレードが確定。

この技はいつぞやのアップデートで確反がなくなったが、-9Fはあるので吉光ブレードは間に合う。

3LK

壁際限定 納刀

壁背負いガードで納刀ブレードが確定。

紫雲二段(2WK)

壁際限定 抜刀

壁背負いガードでブレードが確定。-6Fなので抜刀時のみ。

3LPRP

初段ガードから、2発目を隼で潜ることができる。

2発目中段が来た場合は地上カウンターヒットするため基本的にはしゃがんだ方がよく、あまり賢い選択肢とは言えない。ただ1発止めガードが-3Fなので、1発止めから派生匂わせてからの再度の3LPにも生ローにも勝てる。KO間際の攻防で役に立つかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。