鉄拳7 吉光 背面地雷刃バリア




ネタのようで本当に使える、でもやっぱりネタのような話。

鉄拳7では最後の1発の削りが本当に難しい。
なんとか安全に削りたい、リスク低くとどめを刺したい。
そんなときにオススメなのが背面地雷刃。

鉄拳7から、蜻蛉や卍あぐらから地雷刃になれる関係上
背面での地雷刃がやりやすくなった。

背面で地雷刃して何が楽しいのか、役に立つのかというと
単純に見た目が面白いのと、背面地雷猛馬で前後できるのが面白く
吉光使いの遊びたい欲を満たすことができる。

・・・だけではなく。

地雷刃は構え中、常に中段の攻撃判定があるが、これは吉光正面よりも後ろの方に出ている。
地雷刃中の正面にステップインしてもヒットしないが、背面方向からステップインするとヒットする。

このただ構えるのがなにげに強力で、相手は普通に潰そうとしているのに地雷刃に跳ね返されることが多々ある。
まるで地雷刃に薄くバリアーが張ってあるようで、吹っ飛ばされる光景はギャグにしか見えない。
一度ヒットすると攻撃判定は消失するが、地雷旋などすれば復活する。

つまり、背面で地雷刃構えているだけで相手が死んでいくというまるで魔法。


相手がわかってくるとリーチの長い技に潰されるが、うまく跳ね地雷することで潰したりもできる。
潰されたとしても背面で空中判定となるので大してダメージを負わず、リスクが少ない。
問題はレイジアーツだが、一回打たれた時は演出確認してから垂直跳ね地雷したら避けて、地雷刃が刺さってKOした。レイジアーツが上段のキャラには地雷潜りでいいんじゃなかろうか。まさか万能?

■使い方
1.相手を体力の少ない状態にする
2.距離を離す
3.無想~無想キャンセル、もしくは卍あぐら~千覚無空舞などで背向け状態を作る
4.背面で卍蜻蛉もしくは卍あぐらになる
5.WPで背面地雷刃になる
6.そのまま様子を見る(相手が理解してきたら跳ね地雷も混ぜる)
7.ヒットしたら地雷旋
8.6に戻る

実際にやってみると、相手が困ることがあるので術中にハマっているようで非常に面白い。
生地雷刃が対策されても跳ね地雷で解決できることを考えると、安全に倒すための策として割と優秀にも思う。
ただし決して舐めプレイではないつもりなんですが舐めプレイと思われること受けあい。
でも、いいんじゃないですかね。吉光だもの。




5 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    CPU戦では機能しましたw
    背向けから直で地雷刃出せないのが惜しいですね
    突衝当てて地雷ジャンプで飛び越えて~とか出来れば実用性増すんですが

  • SECRET: 0
    PASS:
    連投すいません
    最後の削りにいいよって記事でしたね
    突衝当てられるんなら苦労しませんね…
    素早く背面地雷出せるよう練習します!

  • SECRET: 0
    PASS:
    突衝から背面地雷刃狙うのは思い付きませんでした!
    壁運びで使って壁到達すると状況的には作りやすいかもしれませんね。
    そんなんしてるなら起き攻めして倒せってところですが。

  • SECRET: 0
    PASS:
    コンボを吹雪締めしてからの背面跳ね地雷が楽しいです。
    相手に背を向けてると後退出来ないのが残念です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ジャコ。さん
    吹雪後も確かにいけますね。ナイスです。
    壁際とかなにかネタが作れそう。
    レバー逆になるけど猛馬はできなかったでしたっけね。うろ覚えです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。