LKホールド




吉光は同時押しミスが死活問題になることが多い。

特に無想は立ち会いでの使用頻度も高いが、失敗すると無条件で隙をさらすことになる。

なので、使うときはできればボタンホールドしておきたい。

ホールドを始めるポイントとしては、主に

・ジャブやミドルキックを置きながら
・バク転しながら

あたりが実戦的。

無想は連続して行うことも多いので、
無想~振り向き~無想などとする場合は無想中もホールドしっぱなしが理想。

このときオススメなのがLKホールド。

特に無想振り向きで相手の技をかわした後は、アッパーや白道といったRP系の技がメインとなるが
LKホールドの状態でもアッパーや白道は出すことができる。
よってホールドしていたからLK外して~といったタイムラグなく、スムーズに技を出すことができる。

ちなみにLKホールドしたまま1WKとすると、立ち状態からシットスピンキックを出すことができます。
活用方法はよくわかりません。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    日向砲が出てガードされた時にはもう目も当てられないですからね。
    牛若も距離によってはアウトですし。
    何回か同時押し失敗でお空の旅に連れていかれました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    無想がレギュラー化してきてからの、吉光のお家芸みたいになりましたね。
    4WKとかにコマンド変わらないかな~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。