黄泉駆けブレード




黄泉駆け(66RP)はガードで-10Fあり、ガードされると基本的にワンツーが確定する。

しかしながらガード時微妙に距離が開くので、初段のジャブが届かない場合がままある。

このとき、吉光ブレードを仕込んでおくとワンツーのツーにカウンターをとれる。

接近して二択をかけてくる相手へのカウンターにもなりうる。

ただし、ワンハイなどの技によっては相性が悪かったりもするので注意。

黄泉駆けにジャブが届きにくくなる状況としては、バックダッシュに合わせるのが最も理想。

逆に、右横移動からガードしたり、ニュートラルガードされているとジャブが届きやすくなる。

黄泉駆けをうまくガードさせる状況としては、トゥースマヒット後や、3LPヒット後などが狙い目である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。