ずらし迅流撃

迅流撃のコマンドは3WPだが、3とWPが少しズレていても打つことができる。
見た目では一回しゃがんでから迅流撃が出るくらい、ずらすことができる。
これは、他の3入力系の技にはない特徴。

これが何に活用できるかというと、2発目上段系の技に合わせるとうまく機能する。
例えば仁の3LPRKとか、キングの3RPLPとか、ロウの立ち途中LPRPとか。

これらの技の初段ガード後に3~WPWPとする。
すると、2発目を出していた場合はまずしゃがみが有効になり、WPでしゃがみ金打となりそのまま阿修羅斬が確定。
1発止めの場合はしゃがみ移行せず迅流撃が出るので、攻めるということができる。

迅流撃自体がしゃがステなので、1発止め>ジャブ といった連携にも対応できる。

さらに、納刀の場合はしゃがみ金打ではなく吉光ブレードになるため、
しゃがんだ時の返しがより確実かつリターンが高い。

昔あった巌流の電車道みたいな対応。
相手が1発止めからの攻めを考えている場合、迅流撃を打つというのはリスキーだが
しゃがみを兼ねて打っているとは中々思われない。
なんだ、動くなら2発目打つわー → あれぇ!?
というような読まれにくさがある。

たまにはいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。