鉄拳7 吉光攻略(初心者向け)使える連携

「細かい理屈は抜きにして、とりあえずどんな感じで技振ればいいの?」という時のための使える連携。
こんな感じで技を振ると強いです。即戦力を求めるあなたに。
 
 

1.
ジャブをガードされた後の次のジャブに対して、相手は割り込めません。
また
の2発目も割り込むことができないため、相手の動き出しに引っ掛けやすい連携です。
 
 

2.
この連携もひとつ上と同様で、ガードさせた後の次のジャブに対して相手は割り込めません。
さらに、最初の技がカウンターヒットしていた場合は次の技が連続ヒットします。
 
 

3.
ガードされた後に無理やり暴れます。
この状況下では相手のジャブを潜る確率が高く、コンボ始動技のヒットが期待できます。
 
 

4.
おもむろにガード不能技を狙います。相手が予測していなければヒットする確率は高い。
1つ目の連携で相手を中々動けなくさせてから狙うのがよいでしょう。
一度警戒させると中々当たらなくなりますが、逆に相手が動くので攻めやすくもなります。
 
 

5.
ローキック後、しゃがみ状態なのを活かしてしゃがみ技を狙います。
常にしゃがみステータスなので、相手の上段攻撃が当たりません。
相手がしゃがみガードしてくる場合は、
を狙うことができます。
 
 

6.
二回転の下段キックがヒットした後に飛び込んで膝蹴りを狙います。
下段キックの後は中段キックの派生がありますが、あえて出さずに別の技を出すことで
中段キックを警戒していた相手にタイミングが外された形でヒットします。
 
 

7.
跳び二段蹴りから特殊な構えに移行し、上段ガード不能の投げ技につなげます。
二段蹴りがヒットしていると吉光が相当有利で、続く投げ技が割り込まれずにヒットします。全てヒットした際のダメージも高い。
最後をRKにすると、しゃがむ相手への二択になります。
 
 

8.
オラオラできる系の連携。中段蹴りから特殊な構えに移行し、構え中の多段技につなげます。
中段蹴りをガードされていても、相手が発生の遅い技を打つと割り込めず、こちらの技がヒットします。
また中段蹴りがカウンターヒットしていた場合は連続ヒットとなり、追撃も合わせて半分以上の体力を奪えます。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。