鉄拳攻略コラム「ジャブは万能」




ここ最近はYouTube向けにキャラ対策の動画ばかり作っていますが、キャラ対策をいくつも作る中で気が付いたことが一つあります。

それは、ジャブは万能であるということ。

一部の潜り性能が高い技を持つキャラには危険という場合もありますが、ジャブはほとんどの場合において正解、使って損のない技です。

ざっとメリットを挙げると

  • 発生が最速なので打ち勝ちやすい
  • 発生が早いのでカウンター被弾のリスクも低い
  • 隙も少ないのでスカ確もほぼ受けない
  • ガードされても有利でこちらのターン
  • 空中ヒットすればコンボにつながる

といった感じ。デメリットがほとんどありません。

単純に近距離でジャブガード→ジャブガード→ジャブと繰り返すだけでも強いです。これを見た相手はしゃがみステータスを打つか横移動するようになるでしょう。大したリスクを負っていないのに相手を動かすことができます。

試合が劣勢になり何を打ったらいいかわからなくなった場合は、とりあえずジャブから組み立てる。という考えもとても良いかと思います。

ジャブを打つ上でひとつ重要なのは、ヒット確認をきちんとするということ。これは怠ってはいけません。硬直が少ない技とはいえ、空振りした後にそのまま動いてしまうと大抵はフレームで負けます。確定していないはずのスカし確定も被弾します。そこさえ気を付ければ、ジャブが大きなリスクを背負うことは滅多にありません。

ということを書きつつ、吉光使ってる私は隼でジャブ潜りにいったりするんですけどね。そういったキャラにはちょっと注意ですが、これも相手にリスクを負わせてることにはなるので、ジャブによる崩しが機能していると考えても良いでしょう。

という訳で、鉄拳はジャブから始める。オススメです。




4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。