鉄拳7FR 横移動と横歩きの回避性能差

横移動よりも横歩きの方が避ける。
と言いたいところだけど、どうにもその限りではないらしい。

例を挙げるとレイヴンの1LKヒット後。
こちらのキャラは吉光。

立ち途中RP → 左横移動で避けれるが、左横歩きに当たる
ボディスラ → 左横歩きで避けれるが、左横移動に当たる

となる。

横歩きのレバーを入れるタイミングを遅らせると、 立ち途中RPは歩きでも避けれる。
逆に、その入力をすると歩きであってもボディスラは回避できない。
横移動中の横歩きに移行するタイミングは可変で、そのタイミングにより回避性能が変化するということになる。

細かい違いはよくわからない。すごく微妙な差だと思う。
キャラの当たり判定にもよってくるので本当に細かい差。

横歩きで回避できるとか横歩きしちゃうと当たるとか、主力技の特性くらいは調べる価値がちょっとありそう。

回避するには歩くのが必ず正解なのではなくて、
横移動単品の方が効果的な場合があることも考慮に入れておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。