鉄拳7 吉光 鳳凰の構えに当たる技

シャオユウの鳳凰の構えに当たる技について。

鳳凰の構えは姿勢が非常に低く、多くの上中段が当たらない。
相手の横転にヒットするくらい打点の低い技を振っていく必要がある。

シャオユウ側としては、特に次のシチュエーションからの鳳凰の構えが強力。
・しゃがみ状態から鳳凰の構え
・鳳凰の構えに移行する技からの伏せ
・右横移動から鳳凰の構え

このような状況でも当たる技を振ることがシャオユウ対策につながる。

■対策となる技

基本的に圧切と跳び牛若の相性がよく、この2つで事足りる。
いずれも発生そこそこ&中段で、立ち回りで振りやすいのも◎。

・圧切
2RPRP。発生、判定、リスクリターンとも優秀。
相手の右横移動にも強いため、鳳凰対策としてバッチリである。

・跳び牛若
伏せには当たらないが、2発目が引っ掛かったりする。
中距離から鳳凰でスカし狙いや様子見をしている場面にもよく刺さる。
リーチもあるので、適当に撒いてるだけでシャオユウ側はかなりやりにくい。

・合掌
いただいたご意見から掲載。
打点が低く確実に当たる上、今作から確定反撃もなくなった。
見込めるリターンが大きいのも魅力。


・峰打ち殺し
発生は圧切よりやや遅いが、リーチが長くガードでもリスクなし。
軸には弱いので、横移動鳳凰には避けられる可能性あり。  

・隼
鳳凰の構えを完全に読んだ場合、ダッシュから出す。
最もリターンの大きい選択肢だが、カウンターで技を被弾するリスクもそれなり。

・卍そう
多段攻撃で相手の軸ずれを追うため、1発目がスカっても2発目が引っ掛かる。

・金打~阿修羅斬
五分近いフレームから、横移動~鳳凰の構えの潰しに強い。
発生がやや遅いため、相手の直鳳凰からの最速行動に負ける場合も。

・突衝
パワークラッシュなので、ハイキックカウンター等のリスクは少ない。
横移動されていると当たらない。

・露払い
鳳凰9LKとの相性的にやや怖いが、当たる技ではある。



■打ちたくなるけど当たらないから危ない技

・3LP
当たりそうで当たらない。

・3RK
横移動にも弱いし、背向け後転にも当たらないなど、シャオユウ戦では危険。

・卍裏跳び蹴り
まあ、当たらないよね。

・吹雪
鳳凰の構えには当たるが、伏せられていると当たらない。
やや軸がずれるシチュエーションが多いため、当てるのは難しい。

4件のコメント

SECRET: 0
PASS:
飛び牛若当たるんですね~!
参考になります
スラッシュガード~鳳凰に8WKはどうでしょうか?下段一点読みですが…

SECRET: 0
PASS:
apoさん、いつも参考になる攻略、ありがとうございます
鳳凰に牛若当たるとは前作で友人がシャオ&カポエラ使いで、3LPと3RKは随分痛い思いしましたよ
3LPなぞ逆立ち→低い姿勢に当たらず浮いてましたよね

SECRET: 0
PASS:
いつも参考にさせて頂いています
鳳凰に当たる技に合掌を追加してあげてください 今作確反もなくなったし鳳凰から技を出していれば浮かせられるという素敵な選択肢なので もちろん鳳凰から何も出していなくても伏せても当たります

SECRET: 0
PASS:
>JNOOOPさん
鳳凰の構えが下がれないことを考えると面白そうですね!
スラッシュガード後は納刀ブレも強そうです。
>吉光侍さん
ヴカオンですね、確かによく潜られました(笑)
カポエラには峰打ちがよかったですねー
>NONAMEさん
おお、合掌は見落としてました。確かにいいですね。
こっそり追記しておきますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。