鉄拳7 吉光対シャオユウ 扇蹴り対策

■扇蹴りを読んだ場合

・左横歩き
タイミングが合えば回避できる。回避した瞬間に技を叩き込めば地上判定。隼がよい。
横まで回り込んだ場合はダウン判定なので、ダウンに当たる技を。卍芟2発~倒木蹴もよい。

・ジャンステ技
隼を打てば打ち勝つことができる。地上判定でヒット。

・左華輪
横移動より厳しいタイミングでも回避することができる。左華輪の方が避けやすい。
回避後は牛若掘り起こし~蜻蛉~銀山魔~夏茜~が入ってリターンが高い。ただし軸により銀山魔がスカることもある。

・鞍馬一刀
早いタイミングであれば扇蹴りを飛び越えた後に地上ヒット>吉光ブレードが繋がる。
非常にリターンが高いので扇蹴り読みで狙っていきたい選択肢。

■扇蹴りガード後

・卍車
踏むまでは確定。その後は地雷刃以降して二択にいくのがよい。

・介錯
普通にダウン攻撃。安定する確定としては高ダメージ。

・しゃがみ前進~トゥースマ
安いが、追いかけて起き攻めを継続することができる。

・卍芟4発~倒木蹴>外法閃
正面・近距離ガードのみ。ダッシュを挟んでもいいがムズイ。

・旋風剣
確定ではないが相手が左受け身をとった場合に終わり際がヒットし、迅雷で拾ってコンボ。
右受け身に対しては2ヒットする(コンボは続かない)。
後ろ受け身をとられるとマズイが、華厳を狙うよりはリスクが少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。