鉄拳7 ファラン対策メモ




結構苦手なので…

■ファランはどんなキャラ?
フラミンゴを絡めた攻めの有利フレームが非常に大きく、尚且つ連携が多彩で中下の揺さぶりもでき、攻撃力が高い。有利フレームを活かして攻めることができる。
ワンツーフラミンゴ、ローハイ、横移動RKなど攻めの起点となる技も優秀で豊富。
また中距離では新技のピースキーパーがあり、リーチの長いローリスクな中段で牽制にスカし確定にと強力。
特筆すべきは鉄拳7からパワークラッシュのローリングライトキックで、上段ではあるものの当たるとコンボ始動で半分持っていく。壁が絡めば半分以上。
右構えからしか打てないが、簡単に手が出せなくなる。先のピースキーパーが右構えになるので合わせて強力。

中距離をピースキーパーで制圧しつつ、スカし確定にレフトプラズマを打ち、近距離戦に持ち込んだら有利フレームを活かし、暴れは連携やローリングライトで刈り取っていくようなスタイルのキャラ。
細かい技を嫌がってしゃがんだところには青ライジングブレードなど強烈な技が揃っている。

■ファランの弱点
攻めは多彩だが、置き技が少ない。右アッパーがいいところだが、これもリーチ的にはイマイチ。
ライトゥーもないので、攻め込まれると切り返しの選択肢が少なく、防御面は弱い部類。
ただし、先に挙げたようにローリングライトがやばいので、右構え状態だったら注意しよう。
そのために、どの技の後に右構えになるのかも把握しておく必要がある。(後述)

立ち回りで常に右構えしてるわけにもいかないので、置きについては基本的に弱いわけで、スラッシュキックなんかは有効。
攻め込まれないためにも相手を跳ね返すようにピースキーパーが飛んでくる。
ただし他の選択肢はないので割と立ち安定。横移動で確実にかわすのは難しいが、右横移動で回避することもできる。理想は、ギリギリ届かないくらいの縦方向でかわすのがローリスク。

下段は比較的薄めで、フラミンゴからの下段にダウンを奪われる以外は、大きな下段はない。
ローハイも距離が離れるようになったので大きな二択は受けない。
リードをとって下がっていれば近付いて横移動RK、カットロー、1LKなどを打たざるを得なくなるので、置き技を当てるチャンス。

置きもそうだが防御力は低めで、 切り返しも弱く、ライトゥーも持っていないため二択をかけられやすい。
唯一大きい返しとしては右半月蹴りのカウンターくらいだが発生は12で上段。
シリーズを通してになるが立ち途中の浮かせ技もなく、上段攻撃をしゃがんでも相手を浮かせられない。
しゃがみステータスも少なく、ガード有利な上段やジャブ系による固めには弱いと言える。

■右構えになる技
右構えになる技は、主な技としては次の通り。
・ピースキーパー
・3RK(ホーミングのやつ)
・右半月蹴り
・ミドルバックブロー
・踵落とし
・横移動RK
・レフトフラミンゴからのコンバートロー
・ライトフラミンゴからのジャブ等
これら技の後にローリングライトを仕込んでくる可能性は高い。ガードやヒット時はもちろんだが、スカった後に狙うというクロエ的な使い方もなくはない。
対応としては下段か、しゃがみ帰着の技が大切。またローリングライトの発生が遅いため、ジャブやショートアッパー系の技であれば、よほど不利でなければパワークラッシュのアーマー中に技を当ててた後にしゃがみが間に合う。
多段技や重たい技、ライトゥーなどは確実に食われるので、注意すること。

■吉光の場合
不利フレームを背負う場面が多く、そうするとブレード、隼、華輪などで切り返したくなるのが吉光だが、すべてにおいてローリングライトを被弾する。ブレードに至っては青ライもくらう。
そのため、わかりやすいポイントでの暴れはかなり危険。例えば横移動RKヒット後とか、踵落としヒット後とか。基本はおとなしくしよう。

立ち回りについて、中距離での差し合いにおいては、露払いはピースキーパーの的なのであまり分がよろしくない。浮かされるわけではないのでカウンターをとる自信があれば、差し合いも可。
ただ、距離によってはスカしからのレフトプラズマがあることを忘れずに。
ほんとにピースキーパーが多い場合、毒霧を撒いておくのが有効だったりする。

また近距離においても露払いはそこそこ優秀で、当然リスクはあるが、ワンツーフラミンゴ系や横移動RKを潰すことができる。ガードされても上キャンLプラの名手でなければ浮かない。
青ライにカウンターとられるような場合は目も当てられないが、上記の技の対策になるのでバランスを見ながら打っていく価値はある。
置きが少ないので、右アッパーにスカ確とれる位置で様子見ながら卍そうも積極的にいこう。

ピースキーパーガード後は、ローリングライトがちょいちょい飛んでくるので安易に吹雪とかを打ってはダメ。
横移動される危険性はあるが3LPは比較的安定。発生的にジャブと相打ちなのと、ローリングライトされてもしゃがみが間に合う。
また露払いも届き、距離により先端になるので割と手堅い。

牛若での牽制は変わらず有効で、相手にリーチの長い技が少ない分、相手右アッパーが届かない程度の距離で打てればほぼ潰されない。
ファランとしては近付いて接近戦を仕掛けたいので、その出鼻をくじくように牛若を打つこと。右アッパーも良い。
特に相手体力不利の場合は待って置き技を差し込むのが有効。

フラミンゴを絡めた攻めについては、基本は耐えてどこかで下段をさばく。
ブレードが有効な距離やフレームにあまりならず、金打の方がよかったりもする。苦しいと感じたら華輪で逃げる方が効果的。
特に壁に追い込まれたら死の踊りが始まるので、早々に華輪で逃げよう。ただしローリングライトで狩られたらゲームオーバー。

■まとめ
ブレード控えめに。
立ち回りの距離感は、右アッパー届かないくらいの距離を保つ。もしくはピースキーパーの射程ギリギリ。
スカ確は白道か右アッパーが理想だが釘打ちでも十分なので確度高い方で。
露払いや卍そうはやや多めに狙って良い。ワンツー抑制。
有利になったら待って置き狙いするのも有効。

一回浮く→壁コン+壁攻めで体力全部消されることもあるので、壁の位置を意識し最後まで気を抜かないこと!




5 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    初めまして、いつも参考にさせてもらっております。
    ファラン対策助かります!
    ファラン戦、露払いカウンターになるシーン多いなぁとは薄々思っておりました。
    一つお聞きしたいのですが、レイジアーツを華輪でかわすのは危険でしょうか?
    華輪2回出してもたまに追従されて食らっちゃうんであまり出さないようにしていたのですが。
    距離が悪いのか、はたまた方向が悪いのか…(基本右でかわしてます)
    あと、もし良ければその内スティーブ対策を載せてもらえると嬉しいです。
    スティーブ戦の勝率が恐ろしく低いので…

  • SECRET: 0
    PASS:
    >怪奇ドロップさん
    ありがとうございます!
    ファランレイジアーツに反撃がないから華輪でかわすということでしょうか?思い付きませんでした。。
    華輪2回でもくらうというのは相当追ってきますね。かわせたこともあれば要検証と思います。もし、レイジアーツの演出見てから間に合うのであれば素晴らしいですね。
    スティーブ対策は自分もぼやっとしてますが、まとまったら書きたいです。
    とりあえず、露払いはあんまり出さないで置きアッパーだと思います!
    >たのさん
    これも左ですか。結局横移動の性能でかわしづらいだけで、両横に弱いのかな。
    側面とったことはないので、左なら側面とれるのかもですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >apoさん
    はい。演出見てから右華輪2回でかわせました。
    その後釘打ちで倒せたのでファラン戦きたなこれ!と思ってたら3、4回目ぐらいで今度は食らいました。
    おそらく距離の関係なんだろうなーと思ってますが、実戦投入して検証するにはリスキー過ぎますね…

  • SECRET: 0
    PASS:
    >怪奇ドロップさん
    演出見てからいけるんですね!
    成功すれば倒せるのが確定なので条件が揃えばいいネタだと思います。近距離限定なのかもですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。