鉄拳7FR 飛鳥対策(吉光・有効な行動)

■有効な行動

◎跳び牛若で攻める
リーチがあるため竜車蹴りの外から牽制でき、空中判定にヒットしたとしてもコンボにいける。潰されても空中判定のため大きな被害を受けない。
鬼殺しキャンセルなどからしゃがみ主体で攻めてくる相手への抑制にもなる。
距離を間違えてスカったと思ったら、蜻蛉移行でスカ確の軽減もできる。

〇スカ待ち釘打ち
置き技が優秀であるため単純にスカ待ちが有効。
竜車蹴りのスカり後は遠いが、釘打ち程度のリーチがあればそこそこ狙える。

〇置きアッパー
当然ながらスカ確は注意なのだが、飛鳥側のリーチが短いため、攻めてくるところへの置きとしては機能しやすい。スカ待ちを見せていくことで効果が増す。
相手のLPに対して潜り性能を見せることがあるのもポイント。

〇有利からの迅雷剣
横移動RP、紫雲、竜車などで暴れてくる相手を軒並み黙らせることができる。
返し技にとられることがないのもポイント。飛鳥側はパワクラを除けば立ちガードするしかなくなる。

〇五分付近での合掌
LP派生系の連携にカウンターをとることができる。
ホーミングを打たれるとマズイが、それ以外は打ち負けにくい。

〇五分付近での迅雷剣
そもそも五分付近の迅雷剣はだいたいキャラ問わず強いのだが、LP派生の多い飛鳥にも有効。
痛いのは3LPRPを打たれた時くらい。

■微妙な行動

△有利からの迅流撃
発生が遅く、紫雲二段や竜車蹴りによる暴れに負けやすい。
リターンの割には浮かされる可能性が非常に高く、危険。
→振るなら起き攻めで。

×置き露払い
攻めてくるところへ引っ掛けることはできるが、 それ以上に鬼殺しのスカ確が待っている。
→打つなら当てるように打つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。