鉄拳7FR ジャック対策(吉光・有効な行動)




■有効な行動

○牛若で攻める
リーチの長い中段としてジャックと同じ間合いで振れる。
蜻蛉移行を読まれても確定で浮かない。6RPは空中ヒットで吹っ飛び、RPは11Fなので銀山魔と相打ち。
ジャック側が蜻蛉に対してリスクを与える場合はしゃがみが必要となり、意識させれば牛若ガードでも吉光のターン。
以下のような選択肢を織り交ぜて。
・牛若蜻蛉からの銀山魔
・牛若から普通に下がる

・牛若から強引に攻める
・牛若蜻蛉からの夏茜
・牛若蜻蛉からの神隠

○スラッシュキックで攻める
デカキャラ共通だが、横移動で回避され辛いスラッシュキックは有効。
右アッパーで潰されても空中ヒットになる。

○置き銀山魔
狙いはマシンガンナックルやメガトンスイープに対して。通常のジャンステ暴れに比べ、下がられて右アッパーで浮かされるリスクがない。しゃがステのないマシンガンとの相性も◎。
メガトンスイープには当たらないが隙が馬鹿でかいので、スカり後に着地して隼が確定する。
メルトダウン(しゃがみ3WP)には微妙。

○スカ待ち釘打ち
右アッパーのスカ確兼ガード時の確定反撃になるので、釘打ちを意識しておくのがよい。

○五分付近での迅雷剣
6RPが当たらない他、しゃがんで潰すのが難しい逆ワンツーにカウンターとることができる。
例えば逆ワンツー被弾後(ジャック+3F)など、微不利からの逆ワンツー読みで強い。

○有利からの卍芟、迅流撃
ジャックはジャンプステータス技が強くないので、発生の遅い下段でも飛ばれる怖さが少ない。
痛い暴れといえば6RPになるが、上段であるためしゃがみステータスの下段が相性よし。

◎吉光ブレード暴れ
近距離でブレードを打てば、3LPやマシンガンを始めとした主力技にほぼ打ち勝てる。
大抵の場合ジャック側は下がるしかなくなるため、不利を不利としない展開が可能になる。

○ハマー読みの華輪
ハマー(66LP)読みで強い。硬直が大きいため、ギリギリで避けても浮かし技が確定する。

■微妙な行動

△吹雪で飛び込む
飛び込む前に右アッパーの風圧で浮いてしまいやすい。
→ステップインガードを織り交ぜる。

×置き露払い
右アッパーやシザースといったリーチの長い中段スカ確があるため、的になりやすい。
安易に置くことができないため、控えたい。
→技を置くよりは、技をガードさせにいく。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。