鉄拳7 クラウディオ対策メモ

・ケツアルクアトル(スターバースト中1WP)
※技名は正式名ではありません
1発目ガード後、2発目がガー不。
横移動およびバクステで回避可能。
割り込みは8Fまでで抜刀納刀ともにブレード可。ただし先端ガードだと抜刀ブレード届かない。
他にはなんと隼で潜ることが可能。横移動やバクステよりはとっさに出しやすいかもしれない。
読みきった時の最大は横移動回避からの日向砲。

・4RKRP
ガードでクラウディオ-9F、壁背負いガードでブレード確定。
狙いたいポイント。

・3LKLP
ガードで-13F。
壁背負いガードでブレードが届きそうだが届かない。紅葉蹴りを入れる。

・イラ
どちらかと言えば左横の方が避けやすい。
発生が早いため、66の伸ばし次第である程度追尾してくる。タイミングが重要。
ガードで+7。

・イラと露払い
相性がいいわけでもないが被弾リスクはない。
お互いスカることが多くフレーム有利はタイミングによる。微不利~微有利。
露払いに対してスカ確気味にイラを打ってきた場合は確定がある。

・イラと毒溜め
いつか書いたネタ。溜めてるとイラ打ってきてスカるので、そこに毒を吹く。
このネタが通じるかは一長一短あるようだが、意識させるとイラを打たずに近付いてくるため、攻めてきたら当たる位置で毒を吹ける。
空中ヒットすることが多いので迅雷で拾えるとかっこいい。

・イラガード→4LK
基本的に何もできないが、ブレードは相打ちになる。コンボ可能。
華輪回避可能だが確定はない。

・イラガード→ノヴァ
横移動不可。ブレードは近ければ潰せる。
華輪1回転で回避して浮かし確定。

・イラガード→1LK
ブレードは勝てない。
華輪1回転で回避して隼確定。右華輪からだとスカるので左華輪で。

・イラガード→6LK
ブレードも華輪も勝てない。
ジャブで落とすか、大人しく立ちガードして+9Fをもらう。
壁を背負うとブレードでも落とせる。

・イラガード→横移動RK
横移動とバクステに当たる。華輪にも当たる。
華輪2回転だと回避可能で浮かし確定。1LKも避けれて確定があるので、外法閃がよい。

・イラガード→スターバースト2RPRP
右歩きで回避可能。左は刺さる。
華輪1回転にも刺さるが、横移動RKと同様に2回転だと回避可能で、やはり外法閃。

・イラガード→スターバースト6WPWP
これも左華輪2回転からの外法閃で対応可能。
1発止めだったとしても背面まで回っているためガードが間に合わず確定する。

・ノヴァにジャブが潜られるのか
基本的には潜られない。
ただしクラウディオしゃがみ状態からのノヴァは確実に潜る。しゃがみ帰着あるいは相手をしゃがませた後は注意である。

・6LKガード後
野槌踏みを打っておくとノヴァでは飛ばれない。(6LKには飛ばれる)
卍芟を打ちたいところだが遠距離ガードの場合は2発目がスカる。
卍芟の2発目がスカった場合は3発目を捌くか、2発~倒木蹴に浮かしで割り込むかの2択。
基本は峰打ちを打って動けなくした後に蜻蛉二択を狙いにいくのが良さげ。

(まとめ)
吉光の強みである露払い、ブレード、華輪、このあたりが全部6LKに喰われる。
立ち回りもイラ、ノヴァ、6LKのリーチが長いため置きアッパーが機能しにくい。
置き技やスカ狙いのノヴァはジャンステであり、露払いカウンターやしゃがみ択も通しづらく、ガードしても確定が安め。
ツーハイとかでダウンとれればねえ。(禍電さーん!)
というところで、他キャラでは手を出して何とかなる場面でも黙らされる傾向にある。
全体的に立ち安定ではあるので、がっちりガードして1LKを振らせる。ガードすれば半分。
イラも読んだらしゃがみたいが、択られてるようならとりあえずガードで。その後も立ちガード基本。6LK多いならジャブ。下段はしゃがみでもよいが、1LKなら左1回転華輪隼がおすすめ(ノヴァも浮く)。横移動RKや2RPRPも視野に入れるなら左2回転華輪外法閃が刺さる。
手を出すときは中距離なら牛若、近距離ならジャブ、3LPが基本。蜻蛉二択も優秀。いずれもノヴァ対策。

・暴れやめて立ちガード
・6LKガードしたらターンを活かす
・ジャブ、3LP、牛若
・1LKしゃがみたくなかったら華輪

1件のコメント

SECRET: 0
PASS:
あのうんこ技に隼ぱなす!それだけはやっていきます!(白目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。