鉄拳7 吉光攻略(初心者向け)コンボ

■まずはこの3つ覚えればなんとかなる!


最初の膝蹴りがヒットした後、次の裏拳パンチで相手が特殊な吹っ飛び方をします。(この吹っ飛び方をスクリューという)
そこにパンチ~斬り上げの二段技の攻撃が入り、特殊な構えに移行。構え中の斬り払いが締めに入ります。


ひとつ上のコンボとほぼ同じです。浮かせた直後の蹴りの後、ダッシュで近付いてから次の技を出します。
もう少し段数を増やすこともできますが、これは軸ずれに強く安定します。ダメージは十分。


浮かせた後の初段は右ストレート。次の二段技の斬り払いで、やはり特殊な吹っ飛び方をします。
そこにタックル。タックル後は自動的に構えに移行するので、構え中のヘッドスライディングで締めます。


■慣れてきたらサブで覚えておきたい


空中コンボではなくただの追撃。しかし、下手な空中コンボよりダメージがあります。


カウンターヒットした場合のコンボ。相手が転ぶので、追撃が入ります。


吉光の代名詞である吉光ブレードからのコンボ。基本の流れは同じです。


コンボに慣れてきたら、コンボ始動技をうまく当てることを考えましょう。
コンボ始動技を闇雲に振るだけでも最初は良いですが、小技をうまく活用しながら
当たると読んだポイントでコンボ始動技を当てるのがこのゲームの醍醐味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。