鉄拳7 吉光攻略(初心者向け)使う技・使える技

■とりあえずこの3つ!


・殴り兜割り

・吹雪
・逢魔釘打ち


は連続ヒットするジャブ~中段の連携。近距離になったらとりあえず打ちましょう。
発生が早く、ヒットすれば継続して攻めれます。ガードされても確定で反撃を受けることはありません。
相手の技をガードした後の反撃としても打っていくことができます。



はリーチの長い膝蹴り。

コンボ始動技で、ガードさせても隙が少ないのが特徴。相手に飛び込むように打っていけます。
技後は背向けになりますが、ガードされたらレバー後ろで振り向けば大きな反撃は受けません。
ヒットした後のコンボは、
とするのがオススメ。慣れれば難しくないので、何度か練習しましょう。


は連続ヒットする二段技。
ガードされてもほぼ反撃を受けません。厳密には2発目をしゃがまれますが、最初はぶん回してもいいでしょう。
リーチも長いので、相手に当てるように適当に振るだけで強力です。


まずはこれだけ、特に
を主体に戦うだけでそこそこ戦えると思います。
シューティングゲームみたいに、相手の動きを見ながらうまく当てる感じで。

慣れてきたら、さらに下記に挙げるような技もオススメです。


■慣れてきたら次の技も


・ミドルキック

発生の早い中段キック。
隙が少なく、相手への牽制として気軽に打っておける技です。


・跳び牛若

リーチの長い跳び二段キック。
コマンドは、LKの直後にRKを押します。(ほぼ同時押しに近いくらいのタイミング)
これも隙が少なく、相手への牽制として打っていける技です。


・ステップインアッパー

いわゆる右アッパー。
コンボ始動技で、リーチが長くガードされても反撃を受けません。
空間に置いたり、相手の技の隙に当てたりして使えます。


・隼

相手を浮かせる膝蹴り。コンボ始動技。下段を飛べます。
相手のジャブなどの打点の高い攻撃を潜る性能があるので、不利な状況から打っても機能することがあります。


・吉光ブレード

発生が異常に早い中段技で、コンボ始動技です。
反面、リーチが短すぎるので普通に打っても当たりません。相手の攻撃を潰すように使う、返し技のような技。


・阿修羅斬

特殊な構えを経由して出せる多段技。
技を出した後は背向けで、ヒットしていた場合は背向け中に
で追撃ができます。
ガードされても隙が少なく、レバー後ろで振り向いておけば大きな反撃は受けません。


・露払い しゃがみ中に

リーチの長い下段攻撃。
ヒット後は、立ち途中RKを出しておくと相手は割り込めません。
カウンターヒットすると相手が転び、コンボが入ります。
ガードされると少々隙が大きいです。


・迅流撃

比較的ダメージの高い下段攻撃。連続ヒットします。
発生が遅いので、ガードの堅い相手に打っていきましょう。


・忍法櫓落とし

コマンド投げ。ダメージが高く強力な投げ技です。
これもガードの堅い相手に打っていきましょう。


吉光は中下段の揺さぶりが弱く、つまり攻めることがあまり得意ではないキャラクターなので注意しましょう。
相手のガードを崩しにいくというより、相手が動いたところへカウンターをとるような技の振り方が肝になります。
ガンガン攻めるよりも、防御的に動くタイプのキャラクターであるということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。