Kneeさんの下段ガード




札幌黒黒杯の動画にて、韓国Kneeさんの試合がアップされてました。


動画中の解説も素晴らしいので、とりあえず見るのをオススメします。
思わず唸るような場面が多々ありました。

見てた中で思ったのが、Kneeさんの下段ガードの仕方。
すごいギリギリでしゃがむんですよね。

以下は、ポールの不知火(横移動LK)をガードしてる場面。


エフェクト出てる時には、もはや見た目が立ち状態。
ほんとにジャストでしゃがんでるんじゃないのかな。

偶然かと思って見てると、こういうガードのシーンが何度もある。

以下の落葉をガードしたシーンもそう。


ほんとにジャストでしゃがんでるんじゃないのかな。(二回目)

ギリギリガードすぎて見てからガードしてるんじゃないかと錯覚するくらい。
不知火は見えるというのがワンチャンあるにしても、落葉は無理。
確反をきっちり返しているので、山ステ中のびっくりガードということでもない。
(落葉ガード後に至っては踵落としで倒せるのに、ダッシュ風を入れている。)
てことは多分ファジーガードなんですよね。

ダメージの高い中段、例えば崩拳のような中段が飛んでくるフレームまでは立ちガードして、
それを超えたらしゃがむっていう行動をしてるんではなかろうか。
もちろん読まれたらダッシュで詰めてからの中段が刺さるんですけど、それには置きが刺さるでしょ、というような。

1,2Fを争うようなタイミングなのに結構ガードできてるってのは、多分練習してると思うんですよね。
例えば一瞬横移動から崩拳打つか不知火打つかを相手にやらせて、ひたすらファジーガードを練習するとか。
さすがだなあと思いました。

繰り返し、オススメの動画です。

引用元動画はコチラ:




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    古水さんも不動の落ち着きがありますよね。鉄拳の勝利理論に忠実で無駄がありませんね。ポールの外観もあってか、父の威厳のようなものも感じます(笑)
    Kneeさんは毎日6時間くらい鉄拳してるそうですよ(笑)

  • SECRET: 0
    PASS:
    確かに、やることがブレないですもんね。テンパる展開がもはやないというか。
    Kneeさん毎日6時間!でも職業だとすれば、そんなもんなんでしょうかね。
    それだけの時間やってる事実と、その情熱と継続力がすごいと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。