ジャブで割れない圧切薙




圧切薙(2RPRP2LP)は、1~2発目をガードされたときに
主に、上段派生である圧切払いの対であったり、
または、2発止めがガード-14Fであるのをフォローするために使われる。

ただ、2~3発目間は10Fで割り込むことができるため
吉光側が圧切払いを打たない限り、2発目ガード時点でジャブ確定となってしまう。

しかし、ここで相手キャラによってはとある事象が発生する。
圧切薙3発目の微妙なモーションのせいで、2~3発目間に打たれたジャブを潜ることがある。

前からよく見たことはあって、相手の反応が遅れたんだなと思っていたけど
どうやらそうではないらしい。

特にジャブが短いか、打点の高いキャラ相手だと安定で割れない。
具体的にはリリ、シャオユウ、平八、アリサ、デビル仁、フェンなどのジャブはよく潜る模様。
これらのキャラには、カウンターの期待値高く圧切薙を振ることができ、2発止めのリスクも低くなる。

さらに、ジャブで割り込めるキャラ相手においても、
3発目にディレイを掛けるとなぜか潜り性能を発揮する

ディレイ幅はややディレイで、具体的には相手が15F打ってたら相打ちする程度のディレイ。
割り込み・カウンターのリスクが増えるが、ワンツーを喰うことができるので選択肢としては面白い。
うまく使い分ければ圧切払いがなくともよいことになる。
なかなか奥が深い。




2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    ああ!これはたまにありますね。
    vs一八で確認したことがあります。
    圧切薙って、ディレイ幅MAXでもノーマルヒットで連続ヒットするので
    2発目のラッキーカウンター狙いで、フルディレイでよく振り回してます
    あるのか無いのか、CSも付いているみたいなので、なかなかの優れ技ですな

  • SECRET: 0
    PASS:
    2発目カウンターはなかなか優れものですよね。自分もよく振ります。
    CSは確かに、よくわからんのですがどうなんでしょうね。調べてみようかな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。