MajiでKoroす5秒前

鉄拳において相手の体力があと僅か、という場合の削り。これは簡単そうで難しい。相手がレイジ状態であることもあり、読み負けると体力の半分以上を奪われ、流れのまま逆転されかねないからだ。

そのため、フィニッシュには「ジャンプステータス技で飛ばれない」ワンローであるとか、フライングニールキックなどの「失敗したとしてもダウン攻撃で済む」といった、リスクの低い技が用いられることもよくある。

では、吉光の場合にはどのような手段が考えられるだろうか? まともにローキックを打ちに行って返り討ちに遭う代わりに、効果的な選択肢をとることはできないだろうか? もう、いいから、早く倒せないだろうか?

MajiでKoroしちゃいそうな KOの5秒前~♪

陽炎裏~卍あぐら(ダメージ22)

吉光版フライングニールキック。陽炎裏はジャンプステータスの中段であり、リーチも長い。この技のヒットを狙いつつ、卍あぐら移行することにより即座にしゃがみ状態&空中判定となるためリスクが低い。陽炎裏をガードさせれば地上ヒットを受けないのはもちろん、スカっても安全なケースが多い。仮に空中ヒットで拾われたとしても背面状態であるため、手痛い反撃を受けない。

卍あぐらの後はレバーを横に入れっぱなしにしておけば最速で千覚無空舞するので、相手が追撃できなければノーリスクで回避、仕切り直しである。

陽炎裏~華輪~振り向きロー(ダメージ22 or 12)

陽炎裏~卍あぐらの対にもなる見た目がせこい選択肢。陽炎裏からの華輪派生は通常の硬直よりも早く出るため、基本的にホーミング技以外では潰されない。陽炎裏をガード後、背面だと思ってワンツーパンチ、あるいは簡単な中段を打ってきた場合には回避し、振り向きローキックの確定で12ダメージを得られる。

陽炎裏からの卍あぐらおよび華輪の両方を読まれるとホーミング技で対処されるケースもあるが、第三の選択肢として見た目の判断がつかない草薙砲による暴れ潰しも存在する。草薙砲の2発目も15ダメージを得られるため、相手体力が僅かであればローリスクで仕留めにいける選択肢となる。

卍葛~卍芟(ダメージ7)

吉光使いお馴染みの削り技。卍芟部分は連続ヒットしなくなってしまったものの、卍葛部分をガードさせれば下段捌き不可。卍芟の初段部分ヒットで7ダメージなので、相手の体力がミリの場合が狙い目である。また、しゃがみステータス(ステータス発生は27F)なので特に三島相手ではスカ風神をもらわない、という利点もある。

この技を意識させることによって卍葛から他の選択肢が通りやすくなる。

卍葛~旋風剣(ダメージ20)

これも伝統的で古風でレガシーなジジイ連携。横移動にヒットしバックダッシュにも届くため、相手が最速で浮かし技やレイジアーツを擦っていない限りは安定で倒せる選択肢。特に、上述の卍芟派生がチラついた相手には確定と言ってもいいだろう。

KO間際でなくとも、崩しに困った際の手段としても使える。

PDKコンボ(ダメージ11)

基本のキ。「吉光にもそんな基本的な技あったな!」と思わせるくらいに温めておくのが大切である。

なお、これを警戒させた後はRPLPの正拳胴払いが二択となる。PDKコンボの2発目発生は34F、正拳胴払いの2発目発生は38Fだ。

地雷刃~後方に地雷猛馬~釣瓶火(ダメージ15)

せこさ全開の初見殺し。おもむろに地雷刃を構えて、レバー後ろで下がる。結構早いのであっという間に下がれる。「ふざけてるのか?」と思った相手が無敵タックルを狙ってきたところに、ノーリスクで釣瓶火がヒット。

初見殺しの一発ネタではあるのだが、読まれて下がられたところで吉光はダウン状態のため、大きな反撃は受けない。特にタイムアップが近く、相手が前に出るしかない時の逃げ切り用途として使った時の効果は抜群だろう。

卍あぐら~千覚草薙砲(ダメージ15)

距離をとって卍あぐらをし、拾いに来ようと近付いてきた相手に対して、卍あぐら(千覚)から最速発生の技である千覚草薙砲をヒットさせる。キングのローハイをはじめとした、「俺、低い位置から拾うの得意だよ!」というようなキャラクターに対して特に効果的。

カウンターヒットが期待できるのはもちろん、読まれて横移動されたとしても相手のスカ確が当たらないことがある。近づいてくる、と思ったらとりあえず打っていける選択肢である。

納刀して走ってLPRPLP(ダメージ6 or 14 or 21)

ガードされても3発目のヒット率が異様に高い、旧十連の3段パンチ。この技をチョイスしようという発想がもはやオジサンかもしれない。2発目は中段で発生が早く、横移動にも引っ掛けることができるため、何かのしゃがみステータス技を振られない限りは安定して打てる点で強い。

初段がヒットしていれば3発連続ヒット。3発目をガードされても-12Fしかなく、ジャブが短い相手だと届かないこともある。意外なようだがかなり手堅いのだ。

納刀して卍葛~石臼潰し(ダメージ18)

吉光版ロードロップキック。石臼潰しはジャンプステータス下段なので飛ばれた場合のリスクが少なく、ガードされても浮かし技を被弾することはない。さらに下段捌きすらも不可。代わりにリーチが非常に短いのだが、卍葛からであればバクステと横移動に対応(横歩きは回避可)。

ダメージも18と高く、優秀な削りとなる。

以上、それかよ!と言われそうなフィニッシュ集でした。

ちなみにタイトルがよくわからない方は「広末涼子」でググってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。