鉄拳7 シャヒーン スライディングガード後の最大確定

シャヒーンのスライディングガード後にダメージを稼ぐレシピについて。

トゥースマ>逢魔1発止め~金打>斑鳩1発止め>迅雷剣>突衝>潜り頭蓋

ダメージ44を稼ぐ。斑鳩1発止めからの迅雷剣は安定しない状況も多いのだが、スライディング正面ガードなら軸がまっすぐになるのと、シャヒーンは体格が大きいために安定しやすい。

迅雷の後を逢魔外法閃や圧切にすれば運ぶこともでき、汎用性は高い。

ちなみに、トゥースマ>逢魔1発>迅雷>おまんとーはダメージ39である。

理論上はトゥースマ~金打>斑鳩>迅雷>突衝>潜り頭蓋 の方が高いのだが、突衝がかなり難しくなるのと、届いたとしても潜り頭蓋まで決まった試しがない。デカ限だろうか。

トゥースマ>逢魔1発止め~金打>斑鳩1発止め>迅雷剣>朧車

朧車がダウン判定にヒットでダメージ47、地上判定にヒットでダメージ52を稼ぐ。ただし、クイック受け身(6入れ)されると当たらない

とはいえクイック受け身の回避は一部のプレイヤーしか実施していないため、通常はほぼ決まると考えてよいだろう。

ちなみにクイック受け身で回避された後のフレームは吉光側が不利で-3Fである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。