スクリュー吹雪締め

スクリューさせた後の起き攻め重視の選択肢のひとつ。

例えば、露払いカウンター>3LP>LP>2RPLP(S)>吹雪 などとする。

この後、横転受け身には3でしゃがみ振り向きしてからの華厳が確定。
早すぎると右受け身にスカるので、しゃがみ振り向きしきってから打つくらいで良い。
普通のジャンプステータスでは跳ばれないけどレイジアーツは間に合うかも。

横転受け身以外には、背向け2LPの指切拳万が確定となり、純粋に二択。
特に後方受け身でなければ軽く浮きなおすため、起き攻めが継続する。

横転受け身されると指切拳万は当たらないが、フレーム的には吉光が-3~-5Fくらいで、
特にリスクはなく、また手を出してくる相手に吉光ブレードを狙うことができる。
レイジアーツや真ブレードも良い。

要するにいつか書いた稲妻締めと非常に似ているのだが、こちらは狙える展開が多い。
ただ、稲妻と違いやや距離があるため、ブレードの効果はやや薄め、ではあるが
ダブルアップが優秀な起き攻めなので、うまく狙っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。