スライド入力技の入力補填

何かの技の後に牛若出そうと思ったらLKに化けた。
よくある話。

硬直中の先行入力は1ボタンしか受け付けられないため、
先行入力に[LKRK]が両方含まれてしまった場合、LKが出る。

なので、スライド入力技は硬直の切れ目で入力する必要があるのが原則だが
両方とも先行入力に含んでしまった場合でもフォローはできる。

スライド入力技は、最初に押されたボタンのモーションをキャンセルして出る仕組み。
LKの出始めにRKを入力すると牛若になるということ。
これを化けてしまったLKに適用すればよい。

つまり、[LKRKRK]と入力することで化けたLKへのコマンド補填になる。
これで硬直から出す牛若は大安定か・・・というほどではないが、何もしないよりは安定度が増す。

ほかにも、吉光ブレードを出そうと思ったらRKに化けた。これもよくある話。
この場合は[LP+RK,LP]と入力しておくことで化けRKをスライドブレードにシフトできる。
ブレードはスライド幅が短いのでシビアではあるが、手癖にしておくメリットはある。

ボタンホールドみたいな目に見えない地味テクだけど、長い目でジワジワ効果があるタイプのテクニック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。